「SCARZ」がVALORANT部門を設立、国内トップCS:GOプレイヤーと契約しフルタイム・ゲーミングハウスで活動スタートを発表しています。


国内トップeスポーツチームの1つ、SCARZはRiot Gamesの新作ゲームVALORANT部門を開設、国内トップCS:GO、AVAプレイヤーを迎え入れ、コーチ、マネージャー含めた全8人でフルタイム・ゲーミングハウスで活動をスタートします。

marinはCS:GOではUpdraftとして活躍し、CS:GOの公式大会のスコアが記録されるHLTVでは多くの国際大会予選、国内大会へ出場しRating 1.17と非常に好スコアを記録する国内トッププレイヤーの1人です。

adeは、オフライン大会への出場経験も多く持ち、DeToNater、Impulse、Rign In Gamingなどの国内プロチームでプレイ、同じくNpointもDeToNaterでプレイし、オフライン大会出場経験を持ちます。

SCARZの公式YouTubeチャンネルで公開された動画では、選手1人1人の紹介と共にフラグシーンが公開されています。


チームは今週末に開催される優勝賞金50万円のオンライン大会RAGE VALORANT JAPAN Invitationalへ招待出場が決定しており、チーム初となるVALORANTの公式大会となります。

新たにVALORANT部門を設立したSCARZのラインナップは以下になります。

 marin
 Sak
 ade
 ryota-
 Npoint
 NerCy
 ibot (コーチ)
 west (マネージャー)

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link