VALORANTの1試合は最長でどのくらいの時間がかかるか、海外のRedditユーザーが検証した動画が話題となっています。

VALORANTは各陣営12ラウンド折り返しで延長ラウンドを含め最長で1試合25ラウンドとなっており、1ラウンドの時間は1分40秒で計100秒、スパイクを設置した際はスパイク爆破までにかかる45秒が追加され、更にラウンド時間が延長されます。

Redditユーザーquarkezは、武器購入時間30秒(1stラウンドは45秒)、ラウンド終了時間やエージェント選択画面などを含めると1試合にどのくらいの時間がかかるかを動画で検証、検証結果では最大で4683秒、78分3秒の時間がかかることを明らかにしました。


通常、VALORANTは1試合当たり30~50分ほどの時間が相場となっており、1時間以上かかることはほぼ無いに等しいと考えられますが、30分~50分が相場でもコミュニティではやや長いと言った意見が多く挙げられており、正式リリースではより1試合の時間を短縮したスパイクラッシュ*がリリースされました。

*ちなみにスパイクラッシュは最大で約19分ほどの時間がかかる。

また、VALORANT同様に5vs5の爆破系FPSであるCS:GOは、公式ルールでは延長ルールが採用されており、延長戦ではラウンド差を付けないと決着がつかないよう規定されています。

今月初めに行われたチェコ国内のCS:GO大会では1試合が37-35まで延長し、BO3でCounter Strike史上最長の総ラウンド数137ラウンドを記録、試合時間は3マップを通して5時間以上に渡り行われ、大きな話題となりました。

VALORANTの延長ラウンドは、1ラウンド限りでクレジットにも制限が入り、物足りなさを少なからず感じるため、今後確立されていくであろう競技シーンでは何らかの変更が加えられることに期待されます。

コメント


Sponsored Link