Amazon ゲーミングデバイス祭り

エピソード1 Act3より追加される新スキン「シンギュラリティー」のビジュアルがforbesDot Esportsより公開されています。

10月14日よりスタートするエピソード1 Act3では、最高レアリティのエクスクルーシブエディションに設定されたスキン「シンギュラリティー」が登場、シェリフ、スペクター、ファントム、アレス、ナイフの5つのスキンが同梱されています。





また、Act3の選考体験のアクセス権を得たScreaMのYouTubeチャンネルではプレイ動画が公開されており、以下の動画ではシンギュラリティーのフィニッシャーのアニメーションに驚くScreaMが見られます。(スキップされない方は7分30秒当たりから)

バンドル価格は8,700VP(ヴァロラントポイント)となっており、それぞれの価格は以下になります。

バンドル価格:8,700VP
スキン価格:2,175VP
ナイフ価格:4,350VP

6 コメント

  1. たっけぇ・・・。

    返信削除
  2. いままで一番いいナイフ

    返信削除
  3. 高いとは言うが他のFPSみたいにガチャだったらもっと掛かりそうなもんだけどガチャならみんな喜んで回すのか?

    返信削除
  4. ガチャに必ず金のかかるゲームはCSGO以外しらないんだが、CSGOはアイテムトレードができるから
    いつか売却する前提で考えればトレードの手数料分しかかからないから安く感じる。
    もちろん相場は常に変動するから大損することもあるけど

    返信削除
  5. みんな財布ゆっるゆる

    返信削除
  6. ガチャの魔力よ 最終的に高くついてても1回で見たら100円とかだからまあ安く感じる
    たまに1発で出たりして それが強く印象に残るから尚更な

    回すのが単純に楽しいってのもあるしな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link