Amazon ゲーミングデバイス祭り

ブラジルのプレイヤーfooXが配信内で発した差別発言によりRiot Gamesより大会出場停止処分を下されています。

今月20日、ブラジルのVALORANTチームBlack Dragonsに所属したfooXがAmong Usの配信内で差別用語を発言、その様子はチームのCEOを務めるCherrygummsまで届き、Cherrygummsはツイートに対して「警告してくれてありがとう。」と返信しています。

その騒動後、僅か1時間後には所属チームの公式TwitterよりfooXの解雇が発表、声明内では「この行為は許されるべきではない行為」と述べており、ツイートには3.6万を超えるいいねが付いています。

また、チーム解雇から追随するようVALORANTの公式サイトではfooXのRiot Games主催の公式大会FIRST STRIKEへの出場禁止処分を発表、VALORANTの公式ルールである「5.3.4 差別と名誉棄損」の項目に該当することから大会出場禁止処分を下したことを明らかにしました。

来月から日本でもRiot Games主催の公式大会FIRST STRIKEが開催されますが、出場を予定するプレイヤーはコンペティティブポリシー&ルールに一度目を通すことをお勧めします。

関連記事
日本含む全世界各地域でチャンピオンを決定する「FIRST STRIKE」の予選情報が解禁、北アメリカ地域は過去最高額の10万ドル(約1,100万円)で開催

7 コメント

  1. 目を通さないといけないようなプレイヤーはボロが出そう

    返信削除
  2. 規約は言われるまでもなく全員確認しておくべき

    返信削除
  3. とはいえ過去にvacbanや八百長したプレイヤーが出れて他ゲームプレイ中の発言で出場禁止は厳しい気もする
    海の向こうは半差別が活発だから仕方ないが

    返信削除
    返信
    1. 同じくらい厳しく扱ってほしいね

      削除
    2. プロゲーマーにもなって差別発言やめられないやつはいらんからな

      日本も気をつけたほうが良いぞ
      気軽に「ガイジ」とか「まんさん」とか「ホモ」とか言わないほうが良い
      海外基準でアウトになるからな

      削除
    3. ホモを差別用語だと思ってる奴が差別してるんだゾ
      ノンケは黙っとれ

      削除
  4. Lazのサブ垢の名前は大丈夫なのか

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link