Shroudが自身の配信内で寄せられた「今、最も好きな3つのFPSタイトルは?」の質問に答えた回答が話題となっています。

Shroudは「今、最も好きな3つのFPSタイトルは?」と視聴者より寄せられた質問に対して、Riot GamesのFPSタイトル「VALORANT」と答え、続くタイトルにApex Legends、Squadの2つのタイトルを挙げました。

1番にVALORANTを挙げた理由として、「VALORANTは直近にリリースされた中で、最高のシューティングゲームです。」と述べ、昨今のFPSには採用されない5vs5のタクティカルシューターというニッチなジャンルが、最も魅力的な点であると説明しています。

また、先月の配信でアメリカの多くのCS:GOプレイヤーがVALORANTへ移行した件について、「アメリカのCS:GOは死にました。」と発言し話題を集めましたが、今回の配信ではその発言についても弁明。

Shroudは「アメリカのCS:GOの競技シーンは間違いなく死にかけていますがが、ゲームとしてはまだまだ人口も多く、ゲーム自体は死んだわけではありません。」と語り、競技シーンにおけるアメリカのCS:GOは縮小傾向になっていますが、ゲームの人気自体は今も昔も変わらないと説明しています。

昨年の配信で視聴者から寄せられた「一番好きなゲームは何ですか?」の質問では「Counter Strike」と即答していましたが、今回Counter Strikeを選出しなかった理由として「Counter Strikeは文字通り神のゲームであり、これまでに制作されてきたゲームの中で最高のゲームです。しかし、それはCS:GOではなくシリーズ全体としてみたCounter Strikeなのかもしれません。」とコメントを残しています。

関連記事
Shroud「良いデバイスを使うと良いプレイヤーになるとは限りません。」
Shroud「VALORANTのスキルの上限とポテンシャルはCounter Strikeより遥かに低い」

3 コメント

  1. 好きな割にはそんなにやってるところ見てない気がする

    返信削除
    返信
    1. いまはスクアッドみたいな硬派なやつがやりたい気分らしい

      削除
    2. 配信外でやってるとか?

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link