アメリカで発行される経済雑誌フォーブスが世界で最も価値のあるeスポーツチームトップ10を発表しています。

史上調査会社Newzooは、2020年のeスポーツ市場は11億ドル(約1,120億円)に到達すると見通しを出していましたが、新型コロナウイルスの影響によるオフライン大会の中止などを考慮し、予想より1.5億ドル下回る結果となりました。

コロナウイルス禍の中、eスポーツシーンはオンライン、ストリーミングに注力される結果となりましたが、ランクインした10チーム中5チームが収益が増収、ランキングは以下のようになっています。(順位 - チーム名/企業価値/推定年収)

  • 1位 - TSM / 4.1億ドル(+3%) / 4,500万ドル
  • 2位 - Cloud9 / 3.4億ドル(-13%) / 3,000万ドル
  • 3位 - Liquid / 3.1億ドル(-3%) / 2,800万ドル
  • 4位 - FaZe Clan / 3.05億ドル(+27%) / 4,000万ドル 
  • 5位 - 100 Thieves / 1.9億ドル(+19%) / 1,600万ドル
  • 6位 - Gen.G Esports / 1.85億ドル(0%) / 1,400万ドル
  • 7位 - Enthusiast Gaming / 1.75億ドル(0%) / 1,900万ドル
  • 8位 - G2 Esports / 1,75億ドル(+6%) / 1,900万ドル
  • 9位 - NRG Esports / 1.55億ドル(+3%) / 2,000万ドル
  • 10位 - T1 / 1.5億ドル(0%) / 1,500万ドル

ランキングはチームの持つ企業価値、一年間の推定年など、様々な指標により算出、アジア地域からはGen.G、T1、ヨーロッパからはLiquid、G2の2チームので、残る6チームはアメリカ地域からのランクインとなりました。

ランクインした10チームからVALORANT部門を保有するチームは9チームがランクイン、いずれも各地域でトップを競う強豪チームとなっています。

関連記事
2020年第3四半期のeスポーツタイトルPC部門のTierランキングが発表、CS:GOは3位、VALROANTが4位へランクダウン、CoD:MWがTier1タイトルへ
NRG Esportsが総額1,000万ドル(約11.5億円)のゲーミングオフィスを公開

コメント


Sponsored Link