Ninjas in Pyjamas VALORANT部門でキャプテンを務めるEx6TenZのインタビューが、RUNITBACK.GGより公開されています。

RUNITBACK.GGより公開されたインタビューでは、G2への勝利、NiPの2021年の目標、ゲーム内ネーム「akukhoS」について回答。以下、インタビューより一部抜粋した文章を引用。全文はリンクよりご確認ください。

(VCT 2021 EU Stage 1 Challengers 1での)G2への勝利おめでとうございます。この勝利についてどのように感じますか?

本当に嬉しいですが、本音ではそこまでではありません。誇りには思いますが、正直なところ、そうではありません。なぜなら、この大会で勝利したからとはいえ、Challegers 2への出場権獲得以外、何もないのですから。

もしかしたら、Challengers 2でG2と再び対戦することになったら、負けるかもしれないし、私たちが途中で敗北し、彼らがMastersへの出場権を獲得するかもしれません。

G2への勝利で本当に嬉しい面は、チームのレベル、ポテンシャル、プレイスタイルの向上が見られたことでしょうか。将来が非常に有望です。私たちの勝利は、良いプレイをしていることを証明したのみで、他には何もしていません。これから改善を続けていくだけです。


IGLとして、ゲーム中にどのようにプレイしていますか?チームメイト個人に意思決定を任せていますか?もしくは、常に指揮を執っているでしょうか?

今のチームで最も経験を持つプレイヤーは私です。現状では、ほとんど私が指揮を執っているでしょうか。傲慢なことを言っているのではなく、現状では私の責任が大きいだけです。

チームメイトはとても賢く、将来的にはコールの方法を覚えるでしょう。Counter Strikeでは、指揮を執るのはIGLだけではありません。それはありえない事です。

IGLだけが責任を取っていたら、頭が働かなくなり、死んでしまいます。そのため、私たちは責任を分担し、チームメイト全体で責任を負う必要があります。


2021年のチームの目標を教えてください。

私たちの持つ才能、ハードワークで、No.1チームになることです。ヨーロッパではなく世界で。ただそれだけを望んでおり、私はその目標に向かいプレイしているし、チームメイトも考えていることは同じだと思います。

No.1になれないのであれば、ベストを維持する事ですが、本当の目標はNo.1チームになる事です。それだけです。


VALORANTのゲーム内で、「akukhoS」でプレイしていますが、その理由を教えてください。

たくさんの理由がありすぎて、何から話せばいいのでしょうか。とりあえず、いろんな理由があります。本来の意味は、「no piety(信用が無い)」ですが、主な理由ではなありません。

本来の意味は、自分に必要な精神力です。それから、父のことも含まれています。私は5年前に父を亡くしました。それ以来、私自身が違うプレイヤーのように感じ、大きな試合前には2つの事を考えるルーティーンがあったのですが、完全にそれを失いました。そして、自分のベストな状態でプレイできなくなったように感じます。

プレイヤーネームを変えた理由は、新しい選手として生まれ変わり、以前の症状の対処する必要があると感じたためです。「OK. 私は新人です。」と自信に問いかけ、新しい名前で自分自身を証明したいと思っています。

私を見て、「Counter Strikeのトップでプレイしていたため、あなたは上手いです。」と思う人もいますが、Counter Strikeが上手だからとはいえ、VALORANTが上手いわけではありません。

そのため、新しいプレイヤーネームで自分自身を証明したかった。くだらない理由かもしれませんが、私にとってはとても大事なことです。新しいゲームなんですから、新しい名前で挑戦してもいいじゃないですか。

関連記事
NiP Ex6TenZのインタビュー、CS:GOからVALORANTへの移行の理由、年齢の壁、VALORANTでの目標について

2 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link