NiP VALORANT部門でキャプテンを務めるEx6TenZのインタビューが、イギリスのeスポーツメディアGINX.TVより公開されています。

現在30歳のベルギー出身のプレイヤーEx6TenZは、Counter Strikeでは15年以上のキャリアを誇るベテラン。その長いキャリを通して、CS:S、CS:GOでは数十に渡るタイトルを獲得しています。

昨年2月には、CS:GOより現役引退を発表。コーチへの転向を発表しましたが、同年12月にNiP VALORANT部門のキャプテンとして加入、新天地VALORANTで世界トップを目指す意向を明らかにしました。

GINX.TVより公開されたインタビューでは、NiPでの練習方法、CS:GOからVALORANTへ移行した理由、eスポーツの年齢の壁、VALORANTでの目標について答えています。以下、インタビューより一部抜粋した文章を引用します。

NiPに加入して3週間が過ぎますが、スクリムなどを通して、チームにはどのように適応しましたか?

チームの練習への向き合い方には非常に満足しています。加入して初日は、ゲームをプレイせず、戦術、ゲームへのアプローチについて話し合うだけでした。時間をかけて、コミュニケーション、ゲームの原理など、たくさんのことを学べたと思います。

チーム全体のゲームIQを向上させたかったため、勝つためにプレイするのではなく、改善するためにプレイしています。練習を重ねるたび、違いを発見することができたため、準備は順調に進んでいます。


CS:GOより引退を発表した際、コーチへの移行を発表していましたが、VALORANTへ移行した理由を教えてください。

引退後は、コーチへの転向を計画していました。しかし、第一に自分の時間が欲しかったです。CS:GOでは燃え尽きていたため、休む必要がありました。

休養の間、試合に出られなかったことは正気の沙汰ではありませんでした。ゲームをプレイした際の、感情、感覚を求めていました。正直に言うと、休養期間はプロレベルの卓球をプレイしていたのですが、その理由は競技シーンの感覚を再び見つけるためでした。

CS:GOをプレイしていなかった1年間、VALORANTがリリースされ、試しにプレイしてみたのですが、とても良いゲームと感じました。戦術的な面ではCS:GOより高いと感じたし、「やってみては?」と言われました。

CS:GOの後期では、私が上手くいっていなかったことを皆さん知っていると思いますが、VALORANTでは成功した私を覚えてもらいたいです。そのため、これは新しい挑戦です。VALORANTでは何かを残したいと思っています。

広告の下に記事は続きます


多くのCS:GOプレイヤーがVALORANTへ移行していますが、新しいスタートを切るメンタルが原動力になっているでしょうか?

正しいと思います。私にとっては、Counter Strikeでの経験を活かし、CS:GOと同じ過ちを犯すことはありません。(新しいスタートを切るという面では、)本当に面白いと思います。お金とかそういう意味ではなく、私にとっては新たに美しい物語を作り出し、過去と同じ過ちを犯さないことです。

より良い効率で仕事をし、時にはたくさん仕事をし、時には休んだり。自分へのアプローチを改善します。


eスポーツプレイヤーが20代後半で引退する理由として、年齢と共に反射神経が低下することが原因と言われています。あなたは一流として戦えると感じていますか?

戦うことが出来ると確信しています。ただプレイするためだけにVALORANTへ移行したのではなく、No.1チームになりたいと思っています。まだまだ戦えると思っているし、コンディションも万全です。体型、健康には常に気を付けており、常にスポーツもしています。

しかし、もう少し休憩の時間が必要と感じています。20代の頃は、12~14時間連続で問題なくプレイしていたことを覚えていますが、今は違います。明らかに違っています。


eスポーツでは30代で全盛期を過ぎると言われていますが、誤解でしょうか?

難しいです。昔は、「25歳を過ぎるとプレイできない」、「28歳を過ぎると終わりだ」と言われていましたが、CS:GOでは今も本当に良いプレイヤーがいます。CS:GOのトップチームには、RpK、f0restなど、30代で本当に良いプレイヤーがいます。*

10年後には、年齢の壁は35歳から40歳くらいになっていると思います。そして、年々増えていくと思います。

*f0restは今年で33歳、RpKは今年で32歳。若手が台頭する昨今のCS:GOシーンで、現在も高いスコアを維持し続けている。


VALORANTで達成したいことを教えてください。Counter Strikeのよう歴史を残したいと思っていますか?

間違いなく世界No.1チームです。No.1までは、とても困難な道が待っているでしょうか。Counter Strikeでは5年の間、1位と2位の狭間に居ましたが、VALORANTで、1~2年、No.1チームになることが出来たら、本当に素晴らしいことだと思います。長い間、No.1を維持することが私の目標です。

Counter Strikeで残した歴史を再び達成することは本当に難しいと思いますが、それを可能にするポテンシャルはあるし、出来る限りのことはするつもりです。

5年の間、1位~2位を行き来していましたが、30歳でVALORANTでそれが達成出来たら、本当に素晴らしいことでしょう。いつまでも1位を目指して頑張りますが、その時はその時です。

関連記事
Overwatch世界大会チャンピオンSinatraaがVALORANT移行の理由を語る「VALORANTは世界最大のeスポーツタイトルの1つになると思います」
TSM hazedのインタビュー、年齢の壁、eスポーツの平均寿命、ValveとRiot Gamesの違い、VALORANTのスキル上限について
Vision Strikers - glowのインタビュー、CS1.6、CS:GO時代の苦悩、VALORANTに移行した理由について

コメント


Sponsored Link