Amazon ゲーミングデバイス祭り

北米出身の選手で構成された「T1」VALORANT部門の新メンバーとして、昨年度に開催されたOverwatch League 2020で優勝を収めたSan Francisco Shockに所属したANSが加入した事が発表されています。

現在21歳の韓国出身のプレイヤーANSは、2018年にOverwatchの競技シーンへ参戦。2019年にはOverwatch League加盟チームSan Francisco Shockへ加入し、昨年度の2020年シーズンでは優勝、優勝賞金150万ドル(約1.6億円)を手にしています。

今年1月、ANSはSan Francisco Shock脱退に伴い、Overwatchから現役引退を発表していますが、約3ヵ月の休養期間を経て、T1 VALORANT部門への加入を発表。CS:GO出身の選手で多く構成されるT1のVALORANT部門ですが、Spyder(Sayaplayer)に次ぐ、2人目のOWL出身選手となります。

ANSは、今月初めにはイモータルへ到達、その4日後にはVALORANTの最高ランク"レディアント"へ到達したことを自身のTwitterで報告しており、現在低迷期を迎えるT1がどこまで結果を伸ばせるか、注目が集まります。

新たにANSが加入したT1 VALORANT部門のラインナップは以下になります。

 Tyler "Skadoodle" Latham
 Sam "DaZeD" Marine
 Ha "Spyder" Jung-woo
 Timothy "⁠autimatic⁠" Ta
 Rahul "curry" Nemani
 Lee "ANS" Seon-chang
 David "dd8" Denis (コーチ)

1 コメント

  1. ランクマで1位取ってて、知り合いのKRの人でも敵で当たったら嫌と言うくらいめちゃくちゃ上手いからガチで期待

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link