先日、Sentinelsへ加入が発表されたTenZの、VALORANT Champions Tour 2021 NA Mastersの1回戦で起きた珍事が話題になっています。

Riot Gamesが運営する賞金総額15万ドルの公式大会「VALORANT Champions Tour 2021 NA Masters」が開催中ですが、SentinelsはSinatraaの大会出場停止処分を受け急遽TenZを起用

殆ど練習をしていないとインタビューで語っていたSentinelsのメンバーですが、大会一回戦はLuminosity Gamingに2-1で勝利。TenZは、3マップを通して69キル54デスとフラグトップでチームを勝利へ導いています。

3ヵ月ぶりの競技シーンながら、さながらの実力を見せたTenZにG2所属のpythが反応。pythの「OK、TenZ。マウス感度、解像度、椅子の高さ、今日の朝ごはん、昼ご飯、美容師、ファンデーション、机の高さを教えてください。」のツイートに対して、TenZは「実は1マップ目は1600DPIでプレイしていましたが、何故こんなにAIMが難しいのか疑問に思っていました。」と述べ、公式大会で2倍のマウス感度でプレイしたことを明かしています。

広告の下に記事は続きます

「2倍のマウス感度でプレイしていた」と発言しておきながら、1マップ目のアセントのスコアは21キル18デス6アシストで、ACSは298。本当に上手いプレイヤーは友人の家、オフライン会場など、異なる環境でも強いと言われますが、今回の珍事もまさにそのような事例でしょうか。

ちなみに、TenZが現在使用しているマウスはVAXEEのQUTSET AX。ゲーム内感度は0.385、DPIは800。気になる方はぜひ真似してみてください。

関連記事
2020年のCS:GOプロのデバイス使用ランキングが公開、ZOWIE、Logicool、HyperXなど人気ゲーミングデバイスメーカーが多数ランクイン
TenZが射撃場のハードモードで30キルを達成、VALORANT公式が次のアップデートでTenZの弱体化を提案

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link