明日よりVALORANTに追加予定の新エージェント「アストラ」が、リリース前に早くも修正を予定していることが海外掲示板Redditより明らかになっています。

先日、アビリティの全貌が明らかになった「アストラ」は、スモーク、スタンなどを操る多機能のエージェント。その評価は二分割されていますが、マップビューに入るアストラルフォーム状態で、スパイクの解除が判別できる仕様が発見

スパイクのプラント後に離れた位置からフェイク解除の確認が出来ることから、プロ、コミュニティでは、「ぶっ壊れ仕様」と指摘されてます。

広告の下に記事は続きます

上記の仕様について、VALORANTの開発チームの1人Alotmoreは、「アストラルフォームでスパイクの解除状態を確認できる仕様?私たちはこの仕様を好んでいませんし、現在それを解決する選択肢を探しています。私はエンジニアではないので、この問題を変更することが技術的に難しいか、簡単か、詳しくはわかっていません。」と答え、今後のアップデートで、アストラルフォーム上でのスパイク解除の判別について、調整を実施することを明らかにしました。

アストラは、まだリリースされていないエージェントのため、今回発見されたようなほぼバグに近い仕様は迅速に修正されると予測されますが、アビリティなど、能力などの側面では、コミュニティの反応、競技シーンでの使用率を見て、調整が入ると推測されます。

技術的な問題と言えば、VALORANTのHUDが消えるバグ、味方に武器をドロップ後に売却した際に金額が戻らないバグなど、技術的な問題により解決が先延ばしされたバグが複数存在しますが、今回発見されたものは、試合に確実に影響が出る仕様であるため、すぐに修正されるでしょうか。

15人目の新エージェント「アストラ」は、3月3日よりスタートするエピソード2 ACT2よりリリース予定です。

関連記事
VALORANTの新エージェント「アストラ」の全アビリティ動画が公開、スモーク、スタンなどを生成する多機能型のエージェント
VALORANTの新エージェントアストラのぶっ壊れ要素が見つかる、スパイク解除をアストラルフォームで確認

コメント


Sponsored Link