来週公開予定のVALORANTのパッチ2.07で、15人目のエージェント"アストラ"が強化されることが明らかになっています。

本来であれば来週火曜日の4月13日に公開予定とされるパッチノートでしたが、誤って公式サイトに公開された内容を有志により発掘され、現在公式サイトでは非公開となっています。リーク情報という事もあり、実際のパッチノート2.07とは内容が異なる可能性があることもご留意ください。

以下、アストラ、ヴァイパー、レイズに調整が予定されるアップデート内容を掲載します。

アストラ - グラビティウェル

  • スパイク解除中のエージェントを引っ張るようになった。
  • スパイクの解除範囲外に引き出された場合、スパイクの解除は中断されるようになった。

レイズ

  • ブラストパックで空中に浮いた際、音声で確認できるようになった。
  • 爆発時とショーストッパーのVFXが更新され、視界を遮るものが少なくなり、エフェクトがより早く消えるようになった。

ヴァイパー

  • アーマーを装備しているプレイヤーに対して、衰弱中に受けたダメージが致死量になるかどうかを判断する際のバグを修正した。
    ー 上記のバグで、衰弱で50のダメージを受けている際、マーシャルを撃つとキルできずにHPが1残ってしまう原因となっていた。

関連記事
リークされ続けるスキン情報についてVALORANT開発者がコメント「リーバーコレクション復刻のファイルを意図的に挿入しました」

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング