現在、T1 VALORANT部門でプレイするSkadoodleのインタビューが、Esportsheavenより公開されています。

昨年6月にT1 VALORANT部門への加入が発表されたSkadoodleは、CS:GO最高峰のメジャー大会「ELEAGUE Major Boston 2018」でAWPerとしてチームを率い、北米のCS:GOチーム初のメジャー大会優勝を勝ち取ったCloud9のメンバーの1人。CS:GOではAWPerとして非常に高く評価された選手ですが、VALORANTの直近の競技シーンではアストラ、ブリーチをメインに使用するサポートの役割を担っています。

Esportsheavenより公開されたインタビューでは、AWPerからサポートへ役割を変えた理由、T1の現状、VALORANTの競技シーンの未来について語っています。以下、インタビューより一部抜粋した文章を引用します。

今年度の個人プレイの感想についてお聞かせください。また、具体的に良かった点などあれば教えてください。

VALORANTの初期より、CS:GOで常に持っていたAWPを置き、新しい役割を追求しました。オペレーターから離れ、自分の能力をより発揮しチームを勝利へ導くサポートの役割に徹しています。

現時点では、新しい挑戦を楽しんでいますが、必要であればいつでもオペレーターの役割に戻ることは可能です。


初期のT1は好調でしたが、それ以降は好調に見えません。何が起こったのですか?また、どのようにして圧倒的にシーンを支配する力を取り戻す予定ですか?

T1は何度もラインナップを変更したり、エージェントを入れ替えたりしてきました。エージェント、役割を常に変えながら、良い結果を期待することはとても難しいことです。

VALORANTでは、成功するために優れたチームワークと化学反応が求められますが、私たちはとある目標に焦点を定め、今後に向けて出来る限りの練習をしています。

広告の下に記事は続きます

Mastersの出場をかけた戦いはさらに激化することが予測されますが、T1の戦略について教えてください。

私たちの究極の戦略は、チームのミスを最小限に抑え、ゲームプレイに集中することです。VALORANTはラウンド数が少ないため、ピストルラウンド、敵がエコのラウンドを失うことがかなり勝敗に影響します。

私たちの目標は、試合を好調なスタートで切り、どんな状況にも素早く適応することです。

*T1はVALORANT Champions Tour 2021 NA Stage 2 Challengers 2へ進出。今週末のステージで上位4位へ入れば、Challengers Finalsへの出場権を手にすることができる。


T1には複数の国籍の選手がいますが、様々なタイトルのベテラン選手が在籍している非常に興味深いチームです。例えば、あなたはCS:GOをプレイし、チームメイトのSpyderはOverwatchをプレイしていました。OverwatchとCounter Strikeをプレイしていた選手にプレイスタイルに違いはありますか?

Spyderは素晴らしいAIMと総合的なキルを獲得する能力を持っています。5vs5は彼にとって初めての経験で、学ぶことは多くありますが、彼はすぐに理解しますし、これ以上ないほど良いチームメイトから学んでいます。

厳しい状況ですが、彼の全体的なパフォーマンスには満足していますし、日々成長し続けています。


VALORANTの競技シーンの黎明期から参加してきましたが、この1年でのゲームの成長と現状をどのように考えていますか?また、T1の現状、VALORANTの競技シーン全体の将来性についてどうお考えですか?

VALORANTは正しい方向へ向かっていて、FPSをプレイするゲーマーや若い世代にとって明るい未来が待っていると思います。ゲームをプレイしていても面白いと思いますし、リリースされた頃より競技シーンが激しいです。

そして、私たちはT1に勝利をもたらし、優勝トロフィーを持ち帰りたいと思っています。


2 コメント

  1. AVAのころのskaは知らんけど、それでも世界レベルのSRerだったことを考えるとこのロール変更は相当なチャレンジ精神だと思う

    返信削除
  2. 最近Reitaさんもオーメン使ってますよね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link