Amazon ゲーミングデバイス祭り

アメリカに拠点を構えるeスポーツチーム「TSM」のVALORANT部門にBraxが加入したことが発表されています。

今年2月、T1 VALORANT部門より脱退したBraxは、約1ヵ月半の期間を経て、TSM VALORANT部門への加入を発表。6人目のメンバーとしてチームへ加入し、ラインナップ入れ替えの新体制となります。

現在24歳のアメリカ出身のプレイヤーBraxは、15歳の若さでCS:GOの競技シーンへ参入。Complexity、iBUYPOWERなど、北米を代表するCS:GOチームで活躍し、将来有望な選手の1人としてその名を広めましたが、2015年に所属したチームiBUYPOWERでの八百長が発覚。八百長発覚により、CS:GOの公式大会より出場停止処分が下されました。

以降、CS:GOのストリーマーとして活動を続けましたが、昨年3月のVALORANT発表に伴い、VALORANTの競技シーンへ転向を発表。T1 VALORANT部門の1人目のメンバーとして加入が発表されました。

T1、TSM共に初期のVALORANTの競技シーンでは、トップチームとして活躍しましたが、先日のMasters 1では両チームともにChallengers予選敗退といった結果となっています。

新たにBraxが加入したTSMのラインナップは以下になります。チームは本日より開幕するVALORANT Champions Tour 2021 NA Stage 2 Challengers 1へ出場予定です。

 Stephen "reltuC" Cutler
 James "hazed" Cobb
 Matthew "Wardell" Yu
 Yassine "Subroza" Taoufik
 Taylor "drone" Johnson
 Braxton "brax" Pierce
 Taylor "Tailored" Broomall (コーチ)

コメント


Sponsored Link