Amazon ゲーミングデバイス祭り

海外のとあるゲームクリエイターが、グラフィックをよりリアルに再現したVALORANTを製作しています。

VALROANTの1ファンと語るThin Dinoは、Unreal Engine、Unityといったエンジンを使いゲームを製作するゲームクリエイター。

趣味で製作したと語る同作品ですが、壁、空、地面などのグラフィックに加え、ジェットのアビリティである"クラウドバースト"、"テイルウィンド"、"アップドラフト"や、武器の"ゴースト"も再現されており、海外掲示板Redditではその完成度の高さから400近いコメントが寄せられています。

自身のYouTubeチャンネルより公開した動画「Valorant RTX is ON」では、非常にリアルなグラフィックで製作されたVALORANTのプレイムービーが拝見できます。


また、ジェット以外のエージェントも製作予定で、今後の進捗については自身のYouTubeチャンネル「Thin Dino」で発信予定と明かしています。

関連記事
「Minecraft」でVALORANTのマップ「アセント」を再現、約50時間を費やし完成
CS:GOでVALORANTのマップがプレイできるカスタムマップが登場

コメント


Sponsored Link