国内を拠点とするeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」とZodiaX、mystic、himajunの契約終了が発表されています。

昨年6月、VALORANT部門の設立を発表したDetonatioN Gamingですが、部門設立メンバーのZodiaX、mystic、今年3月に加入を発表したhimajunの3名と契約終了を発表。先日にはTNL EsportsへHateFENNELへmittiiiの移籍を発表していますが、今回の3名の脱退に伴い同部門に所属するメンバーは0人となり、実質的な活動停止状態となります。

DetonatioN Gamingは、UTAGE VALORANT Season1では優勝、EDION VALORANT CUPでは準優勝、FIRST STRIKE JAPANではBEST4といった功績を残していますが、年間チャンピオンを決定するVALORANT Champions Tour 2021では、Stage 1、Stage 2共に結果を残せず、今回のアナウンスとなりました。

一方、公式サイトでは「今回の契約終了に伴いVALORANT部門は部門の再編をさせていただきます。応援いただいたファンの皆様には申し訳ございませんが、リブートのご報告をお待ち下さい。」とコメントしており、VALORANT部門の再編を発表しています。

また、今回脱退となったZodiaXは自身のTwitterで競技シーンでの活動継続を明かしており、mystic、himajunについては後日に発表されると予測されます。

1 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. プロだから仕方ないかもしれないけれど、少し成績が振るわなかっただけでメンバー変更しちゃうの凄く勿体ない気がするしそういうプロチームが多いのは悲しい

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング