今月上旬に行われたVALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 3 WEEK1では、大規模な接続障害によりにより約1時間試合が延長する事態が発生しましたが、そのサーバー接続不良問題の原因を究明し、その解決に至ったことがVALORANTの公式Twitterよりアナウンスされています。

Twitterでは、ゲームをプレイするユーザーへのお詫びと共に、サーバー接続問題の原因として「アジア太平洋全体のプレイヤー数の成長にサーバーが最適化することが出来ていなかった。」とコメントしており、そのボトルネックとなっていた問題を対処するため、サーバーの強化、安定化など、必要なリソースを追加したことを明かしています。

また、ここ数週間程、インドで大規模なサーバー障害が発生しており、コンペティティブの途中でサーバー障害により強制退出され、ランクレーティングを失った、もしくはプレイ制限のペナルティを受けたプレイヤーに対して、公式サポートよりメッセージを送ることで、対処できる旨のアナウンスが東南アジア地域のVALORANT公式アカウントより発表されています。

もし、日本地域でも該当されている方は、一か八かでメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。(なお、日本が対象地域に含まれているかは不明)

関連記事
「バグ、エラーの修正が何よりも最優先事項」、直近のエラーやバグ多発を受けVALORANT開発者が反応

コメント


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス