ZETA DIVISIONの王者奪還で幕を閉じた「VALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 3」ですが、決勝戦の「ZETA DIVISION vs Crazy Raccoon」の試合にて、最大同時視聴者数16万人を記録したことがEsports Chartsより明らかになっています

eスポーツ大会の配信データ、統計を提供するWebサイトEsports Chartsによると、8月15日(日曜日)に行われた「ZETA DIVISION vs Crazy Raccoon」の最大同時視聴者数が16.4万人を記録したことが明らかになっており、今年5月に行われたStage 2の決勝戦「Crazy Raccoon vs Absolute JUPITER(現ZETA DIVISION)」の最大視聴者数5.3万人より10万人以上上回る統計となっています。

上記の統計には、公式ミラー配信を行ったStylishNoob、釈迦の視聴者数も含まれており、Twitchでは合計で13万人、YouTubeの公式配信では3万人以上の視聴者数を獲得しています。

今回の日本の盛り上がりは、海外掲示板Redditでも注目を集めており、とある海外ユーザーは「今年の初めに東京のeスポーツカフェを訪れましたが、VALORANTをプレイしているユーザーは数人でした。そして、数週間前に同じeスポーツカフェを訪れましたが、驚くことに半数以上のユーザーがVALORANTをプレイしていました。このゲームが日本でこれまで人気を博していることを目の当たりにし、とても感動しました。」とコメントし、日本でのVALORANTの盛り上がりに感動を覚えた旨を語っています。

今年6月にアイスランド・レイキャビクで開催されたVALORNT Champions Tour 2021 Stage 2 Masters Reykjavíkの決勝「Sentinels vs Fnatic」は、同時視聴者数100万人を記録しましたが、今年9月にドイツ・ベルリンで開催予定のMastersに注目が集まります。

4 コメント

  1. なんかめっちゃ嬉しいな。
    もっとVALORANTやりたくなるね

    返信削除
  2. crカップの同時接続10万人超えた

    返信削除
  3. 単純に昔からやってた勢にとってはこういうの嬉しいよな

    返信削除
  4. ミラー配信ってすげーな
    winwinだからこれからも定番になってほしいね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス