中国政府は8月30日、18歳未満の未成年のオンラインゲームをプレイする時間を金曜日、土曜日、日曜日、祝日の午後8時~午後9時までの1時間に制限することが、サウスチャイナ・モーニング・ポストより報じられています。

2019年の規則では、未成年のプレイ時間は平日1時間30分、祝日は3時間に制限されていましたが、今回の発令により更に1時間に制限。未成年のオンラインゲーム依存症防止対策として発令され、オンラインゲーム企業はユーザーへの実名登録をログインシステムに組み込むとしており、厳格な対処を実施予定です。

現在、テンセント、ネットイースなど、中国の大手ゲーム企業の未成年による収益はごく一部となっているため、収益への直接的な影響は少ないと予測されますが、長期的なゲーム業界、eスポーツシーンで見た場合、若手選手の育成などに影響が出ると見られています。

また、明日より開幕予定の中国のLeague of Legends公式リーグLPL Summer 2021にて、中国地域でのVALORANTの正式リリースを予定していると予測されますが、今後の中国シーンの動向に注目が集まります。

7 コメント

  1. 対策手段がえぐいわ。こえええ

    返信削除
  2. 今でも週何時間までって制限があるけど子供は親のアカウント使って無制限にゲームしてるらしいし、あまり意味のない規制

    返信削除
    返信
    1. でもなんか顔認証システムがあって親の垢で無限にできないようにしてるってどっかに書いてた気がした、知らんけど

      削除
  3. 実際はどうなのか中国のユーザーに聞いてみたいな

    返信削除
  4. 中国人が減る分にはいいや

    返信削除
    返信
    1. たしかにチーターの問題はそうだが、ゲームの発展においては中国の影響は大きい

      削除
  5. 香川県民がマウント取れる相手が出来て良かったな
    香川県民>中国

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス