フィリピン・マカティに拠点を置くeスポーツチーム「Bren Esports」よりVALORANT部門のメンバーが脱退したことが、チームの公式Facebookより発表されています。

VALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 東南アジア大会では、1位通過でドイツ・ベルリンで開催されるMastersへの進出を決めたBren Esportsですが、ドイツへのビザを取得できず、同大会より出場を辞退

そして、出場辞退が発表され4日が過ぎる今日、Bren EsportsよりVALORANT部門のメンバーが脱退したことを発表。公式声明では、「現時点でメンバーは新たな所属先を求めることを決定しました。彼らの決定を尊重し、今後の競技シーンでの最善を尽くすことを願っています。Bren Esportsを代表して、そして何よりフィリピンを代表して、本当にありがとうございました。」とコメントし、所属する選手の決定により、契約を終了したことを明かしています。

今回の脱退の真相は明らかになっていませんが、コミュニティではドイツ・ベルリンへ参加できなかった理由は、チームのマネージャーにより問題だと指摘されており、それらを起因とする組織と選手間の軋轢が、脱退の理由と推測されています。

また、現時点でBren Esportsはサーキットポイントを225ポイント保有していますが、Riot Gamesの東南アジア圏でマネージャーを務めるAlex Archambaultによると、所属先が変更しても、5人の内3人が同じメンバーだった場合、チームではなく選手がサーキットポイントを保有すると明かしており、新たな所属先でVALORANT Champions Tour 2021のラストチャンス予選、もしくは年間ファイナルへ出場すると予測されます。

契約終了が発表されたBren EsportsのVALORANT部門のラインナップは以下になります。

 Jessie "JessieVash" Cristy Cuyco
 Jayvee "DubsteP" Paguirigan
 Jim "BORKUM" Timbreza
 Kevin "Dispenser" Te
 Riley "witz" Go
 Gilbert "Gibo" Sales Jr. (コーチ)

1 コメント

  1. Bren Esportもフィリピンでは十分すぎるほどに待遇、環境が整えられたチームだと思ってたけどどうした・・・

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス