Crazy Raccoon, Hideki "Fisker" Sasaki

国内を拠点に活動するeスポーツチーム「Crazy Raccoon」のVALORANT部門に所属するFiskerのインタビューが、ドイツのメディアesports.comより公開されています

グループCの初戦、EMEA1位通過のGambit Esports戦では2-0で大敗を喫したCrazy Raccoonですが、敗者対決のHavan Liberty戦では2-0で勝利。明日9月17日(金曜日)01:00よりスタートするGambit Esports戦にて、グループ通過をかけBO3で対戦します。

esports.comより公開されたインタビューでは、7人体制、日本のVALORANTシーンから、Havan Liberty戦の勝利、再戦となるGambit Esports戦への意気込みについて回答しています。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを掲載しています。

日本のeスポーツシーン、特にVALORANTの競技シーンはどのようなものでしょうか?人気はありますか?

はい。日本のVALORANTのシーンはとても大きな存在になってきていると思います。良いチームもあるし、全体的な状況はとても良いと感じています。

Crazy Raccoonは6人以上の選手を採用しているチームの1つです。自分の代わりになる選手が2人いるということで、プレッシャーはありますか?

メンバーが7人ですので、もちろんスタメン争いは怖いですね。しかし、それが自分の力になりますし、サブの人たちと共に頑張ろうという気持ちになります。

Gambit Esportsでの敗戦について教えてください。厳しい試合となりましたが、それをどのように乗り越え、次の試合へ切り替えることが出来たのでしょうか。

全ては心構えの問題だと思っています。前回のGambit Esports戦では、チーム全体がとても緊張していて、事前に準備していた作戦を発揮することができませんでした。

しかし、Havan Liberty戦では自分たちを信じてプレイすることができたので、リラックスして試合に臨むことができました。

Gambit Esportsと再戦が決定しましたが、Crazy Raccoonはより強力なチームになっているように見えます。試合への準備はどうでしょうか。

前回、Gambit Esportsには敗退する結果となりましたが、そこから学んだこともあります。彼らにリベンジできると思っています。

Fisker選手はブラジル出身ですが、母国のチームとの対戦はいかがでしたか?

今回の国際大会では、他の国の選手、チームと対戦できるため、とても嬉しく感じています。そして、ブラジルのチームと対戦できて幸せです。

ヘイブンのアタッカー側では、Cサイトやその他のエリアを攻める様子はほぼ見られませんでした。その理由を教えてください。

攻める場所は特に決めていませんでしたが、ラウンドの状況、敵の武器によって攻めるサイトを決めていました。ラウンドの途中、試合の状況に応じ、穴となるポジションを見つけていました。

スカイを頻繁にピックしていましたが、他のエージェントと比較しスカイは優れたエージェントと思いますか?

スカイはとても柔軟に対応できるエージェントです。スカイは索敵もできますし、積極的にエントリーができるエージェントでもあります。私はチーム内では最も優れたスカイを使いこなす選手だと思いますよ。

Havan Liberty戦では、Crazy Raccoonが常に2歩先を進んでいる印象を持ちました。それは、試合前の準備が功を奏したのか、優れたコミュニケーションが理由でしょうか?

今回の勝利の要因は、コミュニケーションだと思います。今回はコミュニケーションのおかげで、より良いプレイができたと感じており、だからこそ、試合中も相手の動きに合わせて試合をコントロールすることができたと思っています。

3 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. CRが優勝して、ZETAと2チームでチャンピオン行こうぜ

    返信削除
  2. コミュニケーションがHAVAN戦の勝因ならメデューサは外せないな
    HAVAN戦では個人技も輝いてたけど韓国語と日本語どっちも流暢に話せるのはコーチも韓国人なチームとしてメデューサは必須な気がする

    返信削除
    返信
    1. コーチに関してはtwinklは日本語話せるよ
      OWコーチ時代から日本チーム担当してる

      削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス