2021年9月10日よりドイツ・ベルリンにて開幕する「VALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 Masters Berlin」にて、東南アジア代表のチーム「Bren Esports」がビザ問題により出場を辞退することが発表されています。

フィリピン代表として東南アジア大会へ出場し、1位通過でベルリンへの切符を獲得したBren Esportsですが、新型コロナウイルスの影響により渡航ビザを取得できず、惜しくも出場を辞退。ドイツの渡航リストにて、フィリピンはハイリスク国に認定されており、フィリピン、ドイツの両政府でビザ取得に向け取り組みましたが、大会開催までに問題を解決できなかったと発表しています。

Bren Esportsの辞退により、今大会は15チームで開催され、Bren Esportsが属したグループDは、G2 Esports、Sentinels、F4Qの3チームで行われます。大会形式は、グループDに限りダブルラウンドロビン形式(各チーム2試合の総当たり戦)で行われ、上位2チームが、プレイオフへ進出します。

また、Bren Esportsにはサーキットポイント175ポイント(13~16位相当)が付与され、その結果、X10 Esportsがサーキットポイントランキング1位で確定し、年末に開催されるVALORANT Champions Tour 2021への出場権を手にします。

4 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 代わりにノーセプお願いします

    返信削除
  2. 日本の最強パスポートに感謝

    返信削除
  3. BRENがG2、SENのどっちかワンチャン倒すと思ってたけどまさかの。グループDはG2、SENで確定ですやん

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス