ドイツ・ベルリンで開幕中の「VALORANT Champions Tour 2021 Stage 3 Masters Berlin」のDAY5にて、「Vivo Keyd」が「ZETA DIVISION」に2-0で勝利を収めています。

Vivo Keyd vs ZETA DIVISION

 Vivo Keyd []  ZETA DIVISION
 Vivo Keyd [13-03]  ZETA DIVISION (Breeze)
 Vivo Keyd [13-02]  ZETA DIVISION (Split)

先日のKRÜ Esports戦で惜しくも2-1で敗退したZETA DIVISiONは、グループステージBの敗者同士の対戦でTeam Envyに敗退したブラジル大会1位通過のVivo Keydと対戦。

1マップ目は、Vivo Keyd側が選択したブリーズ。Vivo Keydは、キルジョイを使うJhoWをラークに配置し、残る4人でエリアを広げ、足音、アビリティで情報を得つつ、シフト、サイト攻めを繰り返す作戦を行い、1ラウンド目を獲得した後、怒涛の勢いでラウントを連取。

前半ラウンドは9-3で折り返しますが、後半ラウンドでVivo Keyd所属のheatのマーシャル5人キルが炸裂するなど、ZETA DIVISIONは流れを取り戻すことができず、13-3でVivo Keydの勝利となりました。

2マップ目は、ZETA DIVISIONが選択したスプリット。先日のKRÜ Esports戦では13-5で勝利しているスプリットですが、ブリーズ同様、序盤より流れはVivo Keyd。

ジェットのheat、レイズのmurizzzのファーストピックに苦しめられ、ZETA DIVISIONが人数有利をつくる惜しいラウンドもありましたが、前半ラウンドは10-2と8ラウンドの差がつけられる折り返しとなり、結果は13-4でVivo Keydが勝利。2-0でVivo Keydが敗者対決を制し、次の試合へコマを進めました。

敗退となったZETA DIVISIONは、今大会から去る結果となり、国内のサーキットポイントは2位で確定。今年10月に開催されるAPAC ラストチャンス予選にて、年末に開催されるチャンピオンズへの出場を目指します。

試合後インタビュー

 ー 終えての感想を頂けますでしょう。

最悪の結果となりました。すいませんでした。

 ー 今大会で得られたものはたくさんあったと思います。EMEA、現地でのオフラインの大会など、Laz選手にとって一番大きかったものは何でしょうか。

EMEAでの練習が為になるものが多くて、彼らの戦い方をできるだけ吸収して、かなりステップアップできたなとは思っています。個人技のパフォーマンスはtakejとか、そこでEMEAに通用するような自信は得られたなと思っています。

 ー 日本からベルリンへ向け練習した中で、通じたもの、通じなかったものなど、具体的な何かありますでしょうか。

そうですね。練習試合の話をここでするのもあれかもしれないですが、結構自分たちの強みを活かす感じで、自分たちが上手くプレイできることに集中した動きをしたときは割と通用するなとは思いました。

今回、大会結果として惨敗で終わってしまい、個人的には研究したものを実践でどれくらい使うかっていうところで凄く苦しんだなと思います。日本チームに対して、研究してそれをぶつけるものと、海外に対して同じ事をするのでどれだけ利用していいのか、どれほど流用するべきで、どれだけ相手が変わってきているかということで凄く悩まされました。

 ー 1試合目、ラウンド差が空き次のスプリットに向け、インターバル中にJUNiORコーチとLaz選手が話している映像が届いていましたが、どのような話をしていたのでしょうか。

先ほど話した通りの内容を話しており、割と研究と微妙に同じ部分と違う部分があり、その違う部分に凄く悩まされていて、研究の部分をどれだけ利用するのか、1回みんなで共有しようと話していて、コーチ目線のJUNiORとプレイヤー目線の自分で喋っていた感じです。

大会が終わったので全然細かく話せるのですが、向こうのレイナとジェットが直感かどうかわからないのですが、凄い動き回っててそれに凄い苦労しました。対応できませんでした。

 ー どこが通用しないから厳しかったのか、何か試合中で打開策はある程度見いだせていたのでしょうか?

相手がやることを見つつ、自分たちの作戦に対して、どれくらいのレベルまで対応してくるのかは、試合中で見極めながらやっていました。実際、サイトまでは入れたり、全然刺さっていない訳ではないんですが、その後の少人数戦で落としてしまったり、細かいところが上手くて。

 ー ラストチャンス予選応援しています。

ありがとうございます。おつかれさまです。ありがとうございました。

配信アーカイブ

21 コメント

  1. まだ次ある頑張れ

    返信削除
  2. 1マップ取れただけでも見てて嬉しかったよ
    次も応援してる

    返信削除
  3. 当人たちは見てる側以上に可能性も課題も見えたんだろうな。
    俺らはとにかく応援するだけだから、LCQ勝ち切ってChampions行ってほしい。

    返信削除
  4. 見てるだけなのに悔しくて悔しくて仕方がない。
    とにかく応援し続けるから次につなげて欲しい。

    返信削除
  5. まぁKRUより強い所だししょうがない 分かってたとは言えど残念だね
    CR応援しよう

    返信削除
  6. 完全にかき回されちゃってたな
    アジアには少ないタイプのチームだったし経験積んてもっと強くなっていってほしい
    コロナ禍じゃなければブートキャンプとかできるのになー

    返信削除
  7. やっぱ海外チームとかと積極的に試合しないときついんだろうなあ
    CISだったりEU、アメリカ大陸とかだと、国違っても練習しやすいだろうから
    日本だけアジアだけだとどうしても

    返信削除
    返信
    1. 日本はアジアの端だし練習相手も結構限られるよね
      中国でもリリースされるし中国は盛り上がったらすごいから期待したいね

      削除
    2. csgoが中国で結構流行ってたけど、結局世界には通用しなかったしなあ…
      チーター増えるだけで終わりそう

      削除
  8. 想像以上にボッコボコだったな…

    返信削除
  9. lazとtakejは世界水準でフィジカル通用しててカッコ良すぎた。
    逆に言えばTenZやAsuna、heatの異次元のジェットを見せられるとReitaで勝てるのかと少し思わざるを得なかったな。

    返信削除
  10. コロナ落ち着いたらNAブートキャンプとかしてほしい

    返信削除
  11. ソルダム取るしかねぇよぉ

    返信削除
  12. Reitaさんの「俺のジェットは世界で通用しない」ツイート、悲しい

    返信削除
  13. Reitaが引退しそうで辛い

    返信削除
  14. Reita結構いい年齢だしな

    返信削除
  15. でもreitaがIGLやってんでしょ?だれがIGLやるんだ

    返信削除
  16. ReitaさんLazさんはどっちも26歳だし、2人とも見切りをつけてそうで怖い
    Reitaさんは通用しないってツイートしたのあるしLazさんも配信とか動画でちょくちょく引退近いみたいな雰囲気だしてたから…

    返信削除
    返信
    1. lazさんが引退って勿体ない。absoluteのメンバーに固執せずに1からメンバー集めてチーム作ってくれたら全然勝てそうですよね。

      削除
    2. 年齢的な厳しさは実力というよりもモチベにあるね
      この負け方した後にまた数年かけて強豪を倒すために頑張るのって相当なエネルギーが必要だと思う

      削除
    3. lazは普通にかなり強いしまあ30くらいまで行けんじゃね?

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス