現在コミュニティで渦中となるブースティング問題ですが、チーターとコンペティティブをプレイしランクのブースティングを行ったアカウントへ対しBANを実施したことが、VALORANTの開発者より明らかになっています。

先日、ブースティングを行い大会へ出場した選手に対し、公式大会へ3ヵ月の出場停止処分が下されましたが、ブースティング行為を行ったユーザーへの対処について、VALORANTのアンチチート部門のリーダーを務めるMatt "K3o" PaolettiがTwitterで言及。以下のようにコメントしています。

「先日、チーターとコンペティティブをプレイしランクのブーストを行ったアカウントへ対し、BANウェーブを実施しました。これは私たちが以前より取り組んできた対策であり、今年1月に公開した発表記事に基づいています。

また、これらのBANは常習的に行っているユーザーを対象としています。もし、ブースティングを行っていないにもかかわらず、BANを受けた方はサポートまでご連絡ください。」

今年1月に公開されたVALORANT チート対策:冬のアップデートでは、チーターとパーティーを組みブースティングを行ったアカウントへ対し90日間のペナルティを与えるチート対策を予定していることを明かしていましたが、約10ヵ月間の期間を経て正式に実施。

もし、直近でコンペティティブよりBANや、アカウント停止を受けているユーザーを見かけた場合、チーターとプレイしランクを上げるブースティングによりBANを受けたアカウントかもしれません。

1 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. くそざこぷろげーまープライドおばさんことののみやgg

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス