トルコのCS:GOシーンを代表するMAJ3R、ngiN、pazの3人が、CS:GOより引退しVALORANTへの移行を発表しています。

Space Soldiers、Sangal Esportsとトルコを代表するチームで4年以上共にプレイしてきたMAJ3R、ngiN、pazの3人ですが、Sangal Esports脱退に伴いCS:GOより引退を発表。Sangal Esportsの公式Twitterより公開された声明では、「すべての良いことには終わりはあります。CS:GO部門に所属したMAJ3R、ngiN、paz、hardstyleよりVALORANTでの活動を希望していることを告げられ、契約を終了する運びとなりました。」とコメントしています。

MAJ3R、ngiN、pazの3人は、世界で最も活躍したトルコチーム「Space Soldiers」のメンバーで、メジャー大会出場を初め、DreamHack Open Austin 2018など、複数の国際大会でタイトルを手にしています。

Sangal Esports移籍後は、トルコ国内大会で2期連続優勝を果たしていますが、コーチのhardstyleのTwitterより公開されたコメントによると、CS:GOのモチベーション低下がVALORANT移行の主な原因として明かしています。

MAJ3Rは今年で30歳、ngiNは28歳を迎え、FPSの競技シーンでは比較的高齢といえる年齢に差し掛かった両者ですが、今後の発表に注目が集まります。

関連記事:なぜVALORANTがトルコでこれ程まで人気なのか、トルコのeスポーツ関係者40人へ取材を行った記事が公開

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング