Evil Geniuses所属のコンテンツクリエイターとして活動するTarikが、VALORANTのコンペティティブにおけるNAのリーダーボードランキングで1位を達成したことが明らかになっています。

CS:GO最高峰の大会メジャー大会で優勝、獲得賞金総額は8,000万円超など、輝かしい経歴を持つTarikですが、今年4月にEvil GeniusesのCS:GO部門よりベンチ入りが発表され、現在は配信活動を中心に活動しています。

直近ではVALORANTを中心に配信しており、レディアント帯のコンぺティティブを中心にプレイするTarikですが、10月7日、Pokimaneをデュオに誘うジョークコメントを添え、リーダーボードランキング1位を達成したことを報告しました。

*PokimaneはTwitchで人気の女性ストリーマー。最高ランクはイモータル。

上記のツイートには、さまざまなプロ選手、インフルエンサーより賞賛のコメントが寄せられており、中にはVALORANT Champions Tour NAの公式Twitterより祝福のコメントが寄せられています。

現在のリーダーボードランキングではWARDELL、s0mに抜かれ3位までダウンしていますが、CS:GOでエントリーフラッガーとして活躍したその実力はVALORANTでも健在でYouTubeより投稿された1位達成の動画では、持ち前のアグレッシブなスタイルが確認できます。

今年4月、今後のキャリアについて「VALORANTの競技シーンでプレイするか、配信するかのどちらかです。」とコメントしており、VALORANTの競技シーン移行も視野に入れていることを明かしています。

昨月末には別チームと契約を結んだ旨のツイートを投稿していましたが、以前にコミュティを沸かせた「CS:GOはVALORANTより遥かに難しい」議論のようにただのネタツイートかもしれません。

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

Amazonおすすめデバイス