メキシコの伝統文化「死者の日」からインスピレーションを得たVALORANTの新スキンコレクション「ヌンカ・オルヴィダドス(Nunca Olvidados)」が発表されています。

ヌンカ・オルヴィダドスは、死者に対して感謝し、生きる喜びを分かち合うメキシコの伝統文化「死者の日(11月2日)」よりインスピレーションを得たスキンコレクションで、光の明暗より青/紫、赤/オレンジの2つにデザインが変化する武器スキンとなっています。

また、パッチ3.08より実装されたスキンのレベル選択機能ですが、レディアントポイントにより変更できるレベルでは青/紫、赤/オレンジのそれぞれのデザインを固定することが可能となっています。

新たにリリースされるヌンカ・オルヴィダドスについて、VALORANTのアートリードを務めるSean Marinoは以下のようにコメントしています。

このスキンコレクションは、骸骨とマリーゴールドを組み合わせたありきたりなデザインではなく、よりリアルを感じられるスキンにデザインしています。

多くのアーティストよりインスピレーションを受け、「死者の日」を正確に表現するデザインと色を使用しました。そして、大胆な色使い、グラデーションで全体的に不気味さと美しさを兼ね備えたアートの表現を目指し、シンプルさと装飾のバランスを取ることに重点を置いたスキンとなっています。加えて、ネオンペイントで光らせるややモダンなデザインを参考しており、それらをスキンに落とし込んでいます。

また、マップ上の暗い場所、明るい場所により銃の外観が変化する「DAY/NIGHT」の技術を取り入れるべき絶好のスキンと考え、それらも採用させていただきました。 

このスキンコレクションのもう一つの興味深いポイントは、ナイフにあります。スイッチブレードナイフやダガーナイフ、更にはドクロが付いた杖を引き抜く剣が現れるアイデアなど、様々なアイデアを試してみました。

しかし、最終的にはメキシコのヴィンテージ風のファイティングナイフである皮切りナイフ(Saca Tripas)を参考にしました。このナイフは、スキンのデザインを落とし込む最適なキャンパスになると思いました。 – Sean Marino

フレンジー、ブルドック、アレス、ヴァンダル、近接武器(カトリーナ)、プレイヤーカードを同梱する「ヌンカ・オルヴィダドス」は、「RGX 11Z PRO」の入れ替わりで10月21日よりVALORANTのゲーム内ストアに登場予定です。

プレイヤーカードの販売価格は375VP、各武器スキンの単体価格は1,275VP(近接武器は2,550)となっており、バンドル価格は5,100VPで販売を予定しています。

また、VALORANTのコンテンツクリエイターであるLuxXzのYouTubeチャンネルより実際にヌンカ・オルヴィダドスを使用する動画が公開されており、そちらより各スキンのモーションを確認することができます。









10 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. ルインダガー難民救済ナイフ来たな

    返信削除
  2. ルインダガー持ちアカウント、RMTサイトで数万で取引されていたけど価値なくなったな

    返信削除
  3. ナイフの形はルインダガーのほうが好き

    返信削除
  4. 余裕でルインダガーの方がかっこいい
    ここぞとばかりにルインダガー下げしてる奴持ってないから悔しいんやろなぁ...w

    返信削除
    返信
    1. 下げてるやついなくね?

      削除
  5. 普通にルインダガー再販しろ
    なんやこのアナルに入れても気持ち良さそうな取っ手は

    返信削除
    返信
    1. 実際気持ちよかった

      削除
    2. 試してみたけど、入れたら持ち手が刃の部分なるから気をつけろよ

      削除
    3. いったい何をどうやっていれてきた人たちなん?

      削除
  6. これ使ってるやつはルインダガー持ってない可哀想な人って事でok?

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング