今月中旬にリリースされるパッチ3.10より、コンぺティティブを5人パーティーでプレイできる「5人プリメイド」が復活します。

今年3月にリリースされたパッチ2.02より一度廃止されたダイヤモンド3以上におけるコンぺティティブの5人パーティーですが、今月中旬より実施されるパッチ3.10にて「5人プリメイド」が復活。公式ブログより公開された内容では、以下のように記載されています。

コンペティティブ ACT III

ベストランクを狙いやすくなるよう、コンペティティブに改良が行われます。パッチ3.10から5人プリメイドが復活し、どのランクのプレイヤーも利用できるようになります。その代わり、獲得するランクレーティングがわずかに減少します。一方、4人プリメイドはコンペティティブから削除されます。

ダイヤモンド3以上でも5人パーティーでプレイが可能になった一方、試合で獲得できるランクレーティングがわずかに減少し、従来は可能だった4人でのプレイは全ランク帯で制限されます。

また、VALORANTのコンぺティティブシステムを担当するEvrMoar氏がTwitterで明らかにした追加情報は以下になります。

  • ダイヤモンド3以上は3人ではプレイできず、1人、2人、5人でのみプレイ可能。
  • ダイヤモンド3以上で5人でプレイし敗北した場合、ランクレーディングの減少が大幅増大。
  • ダイヤモンド3以上で5人でプレイした場合、相手チームも5人パーティーとしかマッチングしない。
  • ダイヤモンド3以上に限らず、全ランク帯で4人プリメイドが削除。
  • 今回の変更はスマーフ/ブーストを増やす目的ではなく、コミュニティが要望していた変更を取りいれた。もし、ブースト/スマーフに今回の変更が悪用された場合、随時修正していく予定。
エピソード3 ACT3が開幕するパッチ3.09は本日より実装され、新エージェント「チェンバー」の登場、コンぺティティブの改良が行われるパッチ3.10は本日より2週間後の11月17日(水曜日)にリリース予定です。

17 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 4人パーティー削除する意味あります?

    返信削除
    返信
    1. 4パ+ソロは情報共有や個人の強さが明らかに歪というか、大抵はソロの人が割を食ってしまうのでアリですね。
      大抵4パ組んでる人たち、そのランク帯の平均よりレート低いですし。

      削除
    2. valoって3PTは3PT、4PT以上は同じく4PTやフルパと当たりやすいみたいなのあったはずだから
      そうなるとソロの人は嫌でしょ
      それ抜きにしても群れると野良に強く当たる奴多いし

      削除
  2. 5人でプレイした場合のデメリットがあるのはええな
    ブースティングしづらくなったね

    返信削除
  3. いろんなゲームで4PT削除されてる,というかLoLがそうなのにValoがそうじゃなかったのがおかしかった

    返信削除
  4. 4パはクソって全世界共通だったの笑う

    返信削除
  5. これまで4人固定でプレイしていたワイはどうすれば?

    返信削除
    返信
    1. 悪いが抜けてもらうことはできるか…?

      削除
  6. これいい感じやん

    返信削除
  7. ダイヤモンド3以上は3人ではプレイできず、ってのもいい感じ

    返信削除
  8. 神調整感謝します

    返信削除
  9. 全体的にいいのではないでしょうか。

    返信削除
  10. 高ランク帯のソロがマッチングしなくなりそうですけど大丈夫ですかね

    返信削除
    返信
    1. 高ランク帯ではフルパできないから仕方なくスマーフやってるみたいなわけわからんやつ一定数いたし代わりにフルパマッチが潤うかもね

      削除
  11. やっと、メイン垢でできるな
    あまりにも対応が遅すぎた

    返信削除
  12. うーん

    >ダイヤモンド3以上で5人でプレイした場合、相手チームも5人パーティーとしかマッチングしない。

    微妙。これ結局ダイア3以下は5パvs 2・2・1とか 3・2とか 3・1・1とかになるってことだろ。
    全ランク帯で5パは5パだけと当たるようにしろ

    返信削除
  13. 4人でもできるようにしてほしい・・

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング