スウェーデンを拠点に活動するeスポーツチーム「Ninjas in Pyjamas(NiP)」が、ヨーロッパのVALORANT部門の解散を発表し、拠点をラテンアメリカに移し新チームを結成することを発表しています。

昨月に開催されたRed Bull Home Groundのオープン予選では見事優勝し本戦への出場権を獲得したNiPですが、大会直前となる本日、ヨーロッパのVALORANT部門の解散を発表。拠点をヨーロッパからラテンアメリカに移し、ラテンアメリカのeスポーツシーンの発展、持続可能なシーンの構築を目標に、ブラジル人選手で構成された新チームを結成予定です。

公式サイトでは、世界各地にNiPの部門を展開することを目標としていると述べており、NiPはヨーロッパ(CS:GO)、中国(League of Legends)、ブラジル(Rainbow Six Siege)にすでに部門を展開していますが、Rainbow Six Siegeで成功を収めているラテンアメリカ地域でVALORANT部門を新たに設置することで、更なるシーンの拡大を目指します。

今回の発表について、NiPで最高執行責任者を務めるJonas Gundersenは以下のようにコメントしています。

ブラジルは私たちの第二の故郷のようなもので、Riot Gamesや現地のコミュニティと会議をした結果、VALORANT部門の活動をラテンアメリカへ移すことに決定しました。ラテンアメリカに新しいオフィスを建設し、ファンの皆様へNiPのエンターテイメントをお届けできるよう更なる投資を行う予定で、ラテンアメリカでの基盤をさらに強固なものにしていきます。

ラテンアメリカのFPSの歴史と選手の才能を見過ごすことはできません。Young Ninjas(NiP CS:GO部門のアカデミーチーム)とメインチームで得たノウハウをこの地域に生かし、世界大会優勝を目指すチームを結成することをとても嬉しく思っています。これは、私たちの長い旅の始まりです。

VALORANT部門の拠点をラテンアメリカに移したことで、非常に厳しい決断を迫られる結果となりますが、本日をもってヨーロッパでのVALORANT部門の活動は終了し、選手たちは新たな所属先を求めることが可能となります。

新しいゲームでチームを結成することは非常に難しいことですが、それは私たちも同様です。パフォーマンスとエンゲージメントの観点から、ヨーロッパではこのゲームの可能性を最大限に引き出すことはできませんでした。私たちは大きな才能と開拓が可能な長期的なビジョンを持つことが可能な基盤を求めており、ヨーロッパでは私たちの目標を達成することができませんでした。

今回解散が発表されたNiP VALORANT部門のメンバーは以下になります。選手はNiPのベンチに移動し、新たな所属先を求めオファーを公開しています。

Emir "rhyme" Muminovic
Charles "CREA" Beauvois
Egor "chiwawa"Stepanyuk
Yaroslav "Jady" Nikolaev
Adam "ec1s" Eccles
Emil "eMIL" Sandgren (ヘッドコーチ)
Kévin "Ex6TenZ" Droolans (アシスタントコーチ)

1 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング