韓国を拠点に活動するeスポーツチーム「NUTURN Gaming」のVALORANT部門よりsoloが脱退したことが、チームの公式Twitterより発表されています。

今月2日、NUTURN GamingよりSuggest、allowの脱退が発表されましたが、続いて創設メンバーのsoloが脱退。3人の脱退が立て続けに発表されたことにより、現在のメンバーはperi、Hyeoni、Jaemin(コーチ)の3人のみとなります。

また、脱退後に自身のTwitterではファン、チームへの感謝と共に「CS:GO、VALORANTでの約20年の選手活動に終止符を打ちます。辛いこともたくさんありましたが、幸せな時間と良い思い出を胸に刻み、選手より引退します。」とコメントし現役引退を発表。また、「これからは選手からコーチへ転向する予定です。まだ所属チームは決定していませんがが、頑張ります。」と追記し、引退に伴いコーチ転向を発表しています。

来年で34歳を迎え、2000年代前半よりCounter Strikeの競技シーンで活躍するsoloは、20年近い選手歴を誇る韓国のレジェンド。CS1.6では3度の世界大会優勝に加え、CS:GOではアジア大会で3度の優勝、十数回以上の世界大会出場を経験しています。

そんな中、昨年9月にCS:GOからVALORANTへの移行を発表し、今年1月にNUTURN Gamingへ加入。NUTURN Gamingでは、VALORANT Champions Tour 2021 Korea Stage 2での優勝及び、アイスランド・レイキャビクで開催されたMastersでは3位入賞といった功績を残した一方、Stage 3ではMastersに届かず、APAC ラストチャンス予選ではDAMWON Gamingに敗退し、Champions出場は叶いませんでした。

soloの脱退が発表されたNUTURN Gamingのラインナップは以下になります。

 Jung "peri" Bum-gi
 Yoon "hyeoni" Hyun-seok
 Jeong "Jaemin" Jae-min (ヘッドコーチ)

6 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング