ドイツ・ベルリンを拠点に活動するeスポーツチーム「G2 Esports」が、VALORANT部門の再編成を発表しています。

以前より報じられていたG2 EsportsのVALORANT部門再構築計画ですが、本日12月24日、Giants GamingよりMeddo、hoody、pipsoN(コーチ)の3人の獲得を発表。また、keloqzのベンチ入りも同時に発表し、Meddo、hoodyの2人はkoldamenta、keloqzに代わる形でラインナップへ参加します。

新たに加入した3人はCS:GOでの豊富なキャリアを持ち、MeddoはFnatic Academy、hoodyはHAVU Gamingでプレイし、pipsoNはWinstrike、Gambit Academyでコーチを務めた経験を持ちます。

昨年にVALORANTへ移行後は、MeddoはFunPlus Phoenix、hoody、pipsoNの両者はGiants Gamingよりキャリアをスタート。Giants Gaming加入後はRed Bull Home Ground 2での3位入賞を始め、VALORANT Champions Tour 2021ではMasters出場には届かなった一方、全ステージを通して安定かつ堅実なプレイでチームを牽引し、Giants Gamingをヨーロッパトップチームの1つとしての地位を確立しました。

新たにMeddo、hoody、pipsoNが加入したG2 Esportsのラインナップは以下になります。VALORANTの競技シーン黎明期はヨーロッパシーンを支配したG2 Esportsですが、今回の再編成で再び王者に返り咲くことはできるでしょうか。

  •  Oscar "mixwell" Cañellas Colocho
  •  Auni "AvovA" Chahade
  •  Žygimantas "nukkye" Chmieliauskas
  •  Aaro "hoody" Peltokangas
  •  Johan "Meddo" Renbjörk Lundborg
  •  Daniil "pipsoN" Mesheryakov (コーチ)
  •  Cista "keloqz" Wassim (ベンチ)

1 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



プロデバイス使用率ランキング