今年10月にT1のPUBG部門より脱退し、VALORANTへの移行が噂されていたPUBGの元アジアチャンピオン「kAyle」ですが、本日12月6日にVALORANTへの移行を正式に発表しています。

今年で21歳を迎えた韓国出身のkAyleは、2018年にPUBGの競技シーンへ参入。OGN Entus Force、OGN Entus、DAMWON Gaming、T1と韓国のトップチームを渡り歩き、PUBG公式の世界大会「PUBG Global Championship / PUBG Global Invitational」へ2度出場した経験を持ちます。

また、アジア大会「Predator League 2020/21」での優勝を始め、韓国国内のリーグ「AfreecaTV PUBG League Season 2」、「PUBG Korea League Phase 3」でシーズン王者に輝いた経歴を持ち、キャリアを通しての獲得賞金総額は18万ドル(約2,000万円)に上ります。

しかし今年10月、T1はPUBG部門の解散を発表。TwitterではPUBG、VALORANTのどちらの競技シーンに進むか悩む様子を見せるkAyleでしたが、昨月にPUBGより正式に引退し、本日12月6日、VALORANTの競技シーン参入を発表。フリーエージェントとして新たな所属先を求めオファーを公開しています。

PUBGより引退して僅か2ヵ月程度ながら、kAyleはVALORANTの腕を急速に上げており、昨月にはイモータル帯で1位を勝ち取るスクリーンショットを投稿しています

それもそのはず、2018年にPUBGの競技シーンへ参戦する以前は、CS:GOの競技シーンで活動しており、現在のVision Stirkersの前身となるMVP Project(後にMVP PKと合併)に約5ヵ月間在籍していました。MVP Projectでは、アジア大会への出場が中心でしたが、昨月にVALORANTへの移行を発表したHSKと共にプレイしていました。

また、上記のツイートには「最近は韓国語より日本語がうまいかも」とコメントを添えていることから、日本のシーンも活動の場として視野に入れていると予測されます。

4 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. https://www.youtube.com/watch?v=480RHynm6aU

    返信削除
  2. DGWに最適な人材なのでは

    返信削除
    返信
    1. そう思うわ。日本語もできるし、相性良さそう。

      削除
  3. もしDGW_kAyleとかあったらPUBGファン大歓喜(むしろPUBGで見たかった妄想)

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。



人気ゲーミングデバイス