「味方にAFK(放置)がいて負けた」という経験をした方も少なくはないと思いますが、味方のAFKが試合後のランクレーティング増減に影響しない理由をVALORANTの開発者が明らかにしています。

今回明らかにしたのは、VALORANTのシニアコンペティティブデザイナーを務めるEvrMoar氏。Twitter上で寄せられた「味方のAFKや試合途中退出がランクレーティングの増減に計算されないのは何か理由があるのでしょうか?」の質問に対し、以下のように回答しています。

他の方も仰っていましたが、ランクレーティングの減少を抑えることも解決策の1つとなりますが、そのシステムを悪用したユーザーが増加する可能性が有ります。

「上手くプレイできないから試合から退出する」ということは一種のメタのようなものです。試合を諦めたりすることが「ランクを上げる方法」など、そういったアイデアを定着させたくありません。

このようなシステムがあった場合、味方を意図的に退出させるために妨害行為をするユーザーが増加すると考えられます。更に「試合に負けている時に怒る」、「負けている理由を味方のせいにする」といった二重のマイナス感情が生まれます。

その結果、トキシック(味方に妨害等を行うユーザー)が増加する他、ランクレーティングの減少を防ぐためにサブアカウントを作り意図的に試合から退出するといった行為に繋がります。つまり、AFKを防ぐために作ったシステムがAFKの増加に繋がってしまうのです。

AFKの検知能力を向上させ、AFKユーザーとマッチングしないシステムを作り続けることが最善の策なのです。統計から浮き出る事実は、AFKの大半は常習的に行うユーザーです。

そのため、悪質なユーザーを検知し排除するシステムを構築していけば、AFKに遭遇する確率は少なくなると思います。

今回、AFKはランクレーティングの増減に影響しないと回答している一方で、以前には「味方のAFKは内部レートに影響する」と質疑応答で回答しています。その詳細や内部レートの調整方法は現時点で不明ですが、昨月のパッチ4.07では新たなAFK検出システムを導入しており、今回コメントした「AFKユーザーとマッチングしないシステムを作り続けること」を有言実行しています。

コミュニティに密接に寄り添うことで知られ、更なるシステムの改善を行うRiot Gamesですが、AFK対策、トキシック対策など今後のアップデートに期待されます。

17 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. 健全にプレイしていけば当たる確率は0にはならないけど減っていくってことだな

    返信削除
  2. 10rに減らしてくれ
    13rは長過ぎる

    返信削除
    返信
    1. ならヴァロやめろ

      削除
    2. シージでもしとけ

      削除
    3. アンレ10rにしろ

      削除
    4. アンレだけ10は賛成

      削除
  3. レーティングに影響ないのかもしれないけど、味方にafkされたらただただ不快だからその不快に耐えた報酬(=レーティングへの救済)が欲しいってのがユーザー心理でしょ

    返信削除
    返信
    1. その結果として不快な出来事が増えるからその手法は取れないっていうのが記事の内容だよ

      削除
  4. 真面目にプレイしてるやつが損するような現在のシステムが良いとは思えないけど。
    AFKがどんな処罰されてるか知らないけど、厳しい処罰にするべき。常習的に行ってるようなら永BANでいいでしょ。

    返信削除
  5. 常習的に行っているプレイヤーの存在を把握してるならさっさとバンしろや

    返信削除
  6. 減少ポイントを少し減らすだけでもいいから対応しろよ、チーター以外放置の無能運営

    返信削除
    返信
    1. 内部レートには計算してる、ってさ

      削除
  7. ただ単に面倒やからあれこれ理由つけてるだけやろ
    AFKしたやつは勝手に100ポイントでも引けばいい
    残された側の負荷を減らせって言ってんのがわからんのかな
    馬鹿の集まりなんかRiotは

    返信削除
    返信
    1. riot馬鹿にするだけあって素晴らしい改善案ですね

      削除
  8. 一回開発者側になってほしいわ

    返信削除
  9. はやくしにたい

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。