Amazon ゲーミングデバイス祭り

賞金総額約180万円「Vitality European Open」にて「G2」が優勝を収めています。

Vitality European Open

Vitality European Openは7月10日~13日の4日間にかけ行われた賞金総額1.5万ユーロ(約180万円)のオンライン大会です。

今大会は競技シーンのエコシステム構築を目指すIGNITIONシリーズの一環として開催され、先日行われたG2 Esports Invitationalとは打って変わり招待枠無しで出場チームは予選通過形式で決定しました。

出場チーム

 G2 (Mixwell、Patitek、pyth、ardiis、davidp)
 Bonk (bonkar、Yachine、sayf、melonhead、ziz)
 Apexis (RAZORCONEE、Maxic、TARDUU、Flash、bacyx)
 need more DM (Tigene、FoDa、bzt、crazyd33R、Barcode)
 Prodigy (HyP、rhyme、luckeRRR、pAura、Turko)
 PartyParrots (ANGE1、Shao、Art1st、dinkzj、7ssk7)
 FABRIKEN (LATEKS、Meddo、Zyppan、Leodeddz、ShadoW)
 breadHUNTERS (m1tez、Toronto、AsLanM4shadoW、aimDLL、qRaxs)

決勝 G2 vs Prodigy


 G2 [3-1]  Prodigy
 G2 [01-00]  Prodigy (Default)
 G2 [07-13]  Prodigy (Haven)
 G2 [13-04]  Prodigy (Ascent)
 G2 [13-08]  Prodigy (Split)

決勝はCS:GO出身のプレイヤーで構成されたG2とNiP VALORANT部門のメンバーがスタンドインするProdigyが対戦、また、G2 VALORANT部門は現時点で4人のメンバーのみしか発表されていないため5人目にdavidpがスタンドで出場しています。

Upper Bracketを勝ち上がったG2の1マップ先取した状態でスタートし、結果はG2が3-1でタイトル獲得と優勝賞金1万ユーロ(約120万円)を勝ち取りました。

G2はグループステージより無敗で決勝まで進出しており、PartyPatrrots、FABRIKEN、Prodigyよりマップは取られているものの、それをリカバリーする取返しを見せ、見事優勝を収めています。

また、G2のリーダーを務めるMixwellは以前のインタビューで、「メタから外れたエージェントを使用し、常識にとらわれない発想を考えるようにしています。」と答えており、今大会でも他のエージェントに比べTierが低いジェットを一貫して使用していました。

*Mixwellはジェットに加え、競技シーンで一般的に使用されないヴァイパーををメインで使用しており、各試合でトップのスコアを記録し続けている。

配信アーカイブ


最終順位

1位 -  G2 (€10,000)
2位 -  Prodigy (€2,000)
3位 -  FABRIKEN (€1,000)
4位 -  PartyParrots (€1,000)
5-6位 -  need more DM (€250)
5-6位 -  Bonk (€250)
7-8位 -  breadHUNTERS (€250)
7-8位 -  Apexis (€250)

コメントを投稿

Sponsored Link

Sponsored Link