Amazon ゲーミングデバイス祭り


現在11名のエージェントがリリースされているVALORANTのランクモードで最も勝率が低いエージェントはレイズであることがBlitz.ggより明らかになっています。

VALORANTの統計情報を確認できるサイトBlitz.ggによると、"アイアン"から最高ランク"レディアント"までの各エージェントの勝率をランキング化した際、爆破系スキルのエージェント"レイズ"が大部分のランク帯で最も低い勝率を記録していることが明らかとなっています。

最高ランク"レディアント"の各エージェントの統計は以下のようになっており、レイズの勝率は47.3%と半分を下回る勝率となっています。試合数などによる影響も受けると考えられますが、K/Dは1.28とデュエリストに位置されるエージェントの中では最も高いK/Dを記録している一方で勝率は最も低い数値となっています。

最高ランク"レディアント"の各エージェントの統計、画像は勝率順にリストアップしたもの

レディアントを除く他のランク帯でも同様にレイズの勝率は最も低い数値となっており、現在(2020年7月16日)ではアイアン2、ブロンズ2、イモータル3の3つのランクのみレイズが最下位を回避する結果となっています。

また、各エージェントのランキングを確認すると、ブリーチは試合数、K/Dは他のエージェントに比べ低いものの、殆どのランク帯で高い勝率を記録しており、サポートキャラなどの各エージェントの特性の他、試合数などによる影響も大きく見られると考えられます。

イモータル2の各エージェントの勝率ランキング

ダイヤモンド3の各エージェントの勝率ランキング

レイズはジェット、レイナといったエージェントと比較されることが多いですが、ジェットはスモーク(クラウドバースト)、レイナはフラッシュ(リーア)といったサポートスキルも持っている一方で、レイズは見方をサポートするアビリティも持っておらず、エントリーに特化したエージェントとなっている側面があります。

100 Thievesに所属するHikoは、プロシーンにおけるエージェントのTierリストにてレイズをA-Tierに指定していますが、ランクモードではソロ、パーティーなどでそれぞれ用途が異なることが考えられます。

3 コメント

  1. だからって強化はするなよ 削除しろ

    返信削除
  2. この位置で良いぐらいだろうね
    スキルで倒すゲームにはしてほしくない

    返信削除
  3. Riotさんは開発ブログで「VALORANTのスキルは敵を倒したりするものではありません」って言ってたんだけどなーおかしいなー

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link