国内トップCS:GOチーム「BlackBird Ignis」が舞台をCS:GOからVALORANTへ転向を発表しています。


DeToNator、DetonatioN Gamingなどで活躍した元CS:GOプロプレイヤーYukistyleにより結成された国内プロチームBlackBirdは、今年4月に日本トップCS:GOチームIgnisと契約、CS:GO部門「BlackBird Ignis」として活動をスタートすることを発表しました。

国内、アジアを中心に活躍したCS:GOチームIgnisは、現在はVALORANTでAbsolute JUPITERとして活動する日本最強CS:GOチームAbosluteと何度も試合を交え、肩を並べたライバルチームの1つで、国内最大級のオフライン大会GGCの決勝では2度対戦しています。

GGC、WESGといった国際大会へ繋がる大会では敗退している一方で、StarLadder Major 2019の東アジア予選ではAbsoluteを破り3位へランクイン、日本で数少ないAbsoluteを破ったチームの1つとなりました。


その他、Ignisは国内CS:GOリーグ宴の最高位"大関"の1杯目、4杯目で優勝、アジア大会SEA Fire Championship 2018、国内大会WESG 2018 JAPAN、GGC 2018、GGC 2019、OMEN Japan Cup 2020では準優勝と国内でAbosluteに次ぐトップチームとしての地位を獲得しています。

CS:GOとしての活動は来月2日に行われる宴の決勝戦を最後に活動を休止、VALORANTではCS:GO同様にhNt、poem、RIPablo、oitaN、nethの5人で活動を続けることが発表されています。宴に出場することから、来月1日に開催される賞金総額500万円の大会RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENTへの出場は現時点では不明*ですが、今後の発表に期待されます。

*Negitaku様で公開されたインタビューよりRAGEには既にエントリー済みの記載がありました。

CS:GOからVALORANTへの転向を発表したBlackBird Ignisのラインナップは以下になります。

Ishikawa "hNt" Yuki
Yusuke "neth" Matsuda
Masayuki "oitaN" Takahashi
Shibasaki "poem" Yumeki
Shuma "RIPablo" Ikeda

5 コメント

  1. IgnisはCS:GOではお金の麺とかでもかなり厳しそうな感じがしたけどVALOに移行したらCS:GOからの活躍も踏まえてスポンサーもちゃんと付きそう。
    Absolute VS Ignis、期待しています。

    返信削除
  2. やはり移行圧力には勝てなかったか…
    決勝で両チームがあいまみえるのを楽しみに待ってます

    返信削除
  3. 移行圧力ってか、国内のcsgoチームがほとんどValorantに移行して、対戦相手は居ない、海外ブートキャンプを予定してたけどコロナで無理になったって状況だったし、移行するのも無理は無さそう...

    返信削除
  4. laz vs nethの勝負がまた見れるのはあつい

    返信削除
  5. 別のサイトでインタビュー読んだけど、nethさんのlazさんに対する激重感情がエモかった…。夏に本が出てもおかしくない、というのは冗談として、頑張ってほしいな。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link