「DeToNator」VALORANT部門にGreen Leavesで活躍したOverwatchプレイヤーFifTyが加入したことが発表されています。


今年5月、3人のOverwatchプレイヤーと契約しVALORANT部門を開設したDeToNatorは3人目のプレイヤーとしてGreen Leaves Overwatch部門で活躍したFifTyと新たに契約を結んだことを発表しています。

現在17歳のプレイヤーFifTyは、2017年よりOverwatchの競技シーンで活躍、2018年にはトライアウトを経て国内プロチームGreen Leavesへ加入、Green LeavesではOverwatch Contenders、Open Division 2019といった国際大会への出場経験を持ちます。

FifTyの加入に関して代表を務める江尻氏は「Apex Legends部門のL8efと同じく、FifTyも17歳と若いです。今後は若い人材の育成にも注力し、積極的に採用しチーム作りをしていきます。2、3年後を見据えてチームの柱になれるようにしっかりとサポートをしていく所存です。“プロ”シーンが継続・繁栄するためには、プロシーンだけではなく裾野を広げていくこともゲーミングチームの重要な役目と思っております。“若いから”目をつぶるのではなく、年齢に関係なく責任をもって行動することが当たり前になるようにを目標に教育をしていきたい考えております。ゲームタイトルを大切にし、良いシーンを作れるように日々精進します。」とコメントしており、若手プレイヤーの育成を重要視し、競技シーン全体の継続・繁栄を目標とする意向を明らかにしています。

先日、活動休止を発表したGreen Leaves Overwatch部門よりはFifTyのほか、TENがVALORANTへの移行を発表しており、DetonatioN Gaming VALORANT部門へ加入、今後はCS:GOシーンのほか、Overwatch、PUBGなどのタイトルから多くのプレイヤーが移行してくることが予測されます。

新たにFifTyが加入したDeToNator VALORANT部門のラインナップは以下になります。

 Killme
 Scarfaze
 FifTy
 delave (コーチ)

ーーーーーーー

余談ですが、4~5年ほど前に知り合いの知り合いを通じてFifTy選手と何度かCS:GOをプレイしたことがあり、当時からその腕前も印象的なのですが、当時中学生と聞き非常に驚いた記憶があります。CS:GOのプレイ時間も3000時間近くとかなりやりこんでおり、CS:GO、OverwatchとVALORANTに持つ両方の要素を取り入れたタイトルにルーツを持つFifTy選手はVALORANTでも大きく活躍されることに期待されます。

4 コメント

  1. DeToNatorはアクションが遅いね。他ゲーで有名なやつは、もうほとんど残っていないんじゃない?

    返信削除
  2. 最近のデトはただのストリーマー集団と化してて、AVAでトップチームだった時を知っているだけに物足りない感しかない...

    返信削除
    返信
    1. ストリーマーの方が儲かっててプロチーム運営には積極的じゃないのかな?今回のVALORANT部門結成もあっさり解散にならなければいいけど

      削除
  3. 最後に本気でやってたのpubgだね
    でもこいつら賢いよ
    どうせ国内トップになったってたいして儲からないから
    日本で安定して食べてくなら基本アイドルストリーマー軸でやってたほうがいい
    選手のほうは徹底的に素行調べあげて絶対に迷惑かけない奴らを選ぶと

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link