「FunPlus PhoeniX」がVALORANT部門を設立、ANGE1、Zyppan、Meddo、Shao、ShadoWのヨーロッパトッププレイヤーの加入が発表されています。


昨年のLeague of Legends世界大会"2019 World Championship"で優勝を収めた中国のeスポーツチームFunPlus PhoeniXはRiot Gamesの新作タイトルVALORANT部門の設立を発表、VALORANTではLoLと心機一転し舞台を中国からヨーロッパに変更しています。

FunPlus PhoeniXは、ANGE1、Zyppan、Meddo、Shao、ShadoWの5人のヨーロッパのプレイヤーと契約、5人はそれぞれPartyParrotsFABRIKENのアマチュアチームで活動した経験を持ち、両チーム共に7月に解散を発表、両チームのエース級のプレイヤーが共にチームを結成した形となります。

特に注目されるプレイヤーは、チームのキャプテンを務めるANGE1、現在30歳のウクライナのプレイヤーANGE1、Virtus.pro、HellRaisersとCISシーンを代表するCS:GOチームでプレイした経験を持ち、特にHellRaisersでは5年以上に渡りチームを牽引し続けました。

5月に公開されたインタビューでは「VALORANT移行する予定はない」と答えていましたが、その3ヵ月後となる意向となりました。


ヨーロッパのVALORANTシーンはアメリカ地域に比べる比較的見劣りする部分がありましたが、G2を筆頭にNiP、Liquid、Entropiqと続々と競技シーンへ参入するチームが現れており、今後より激しい争いがみられることが予測されます。

新たにVALORANT部門を設立したFunPlus PhoeniXのラインナップは以下になります。チームは本日よりスタートしているAllied Esports Odysseyへ出場しており、ラウンド1ではLiquidとBO2で1-1、明日03:00よりはラウンド2でG2と対戦予定です。

 Kyrylo "ANGE1" Karasiow
 Pontus "Zyppan" Eek
 Andrey "Shao" Kiprsky
 Johan "Meddo" Renbjörk
 Tobias "shadow" Flodström
 Erik "d00mbr0s" Sandgren (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link


Sponsored Link