BLAST VALORANT Twitch Invitationalでブリーチのピック率が82%に上昇、一方でセージのピック率は14%まで減少したことがTHESPIKE.GGの統計より明らかになっています。

9月11日から13日の3日間にかけ行われたBLAST VALORANT Twitch InvitationalはG2、Liquid、FunPlus Phoenix、NiPのヨーロッパトップの4チームが出場、結果はG2が優勝を収めIGNITIONシリーズ6連覇を達成しました。

今大会は9月2日に実施されたパッチ1.07のアップデートが適用され初のヨーロッパのIGNITIONシリーズの大会となり、THESPIKE.GGより確認できるエージェントピック率の統計で最もピックされたエージェントはブリーチの82.1%となりました。

特にスプリット、バインド、ヘイブンの3マップではピック率が100%となり、大会全体で大きな印象を見せました。

ブリーチのフラッシュにフラッシュで返すNEWメタ

数秒間の間に6個のフラッシュが繰り返されるバインドBロング

一方で大幅に弱体化されたセージのピック率は14.3%まで減少、弱体化以前よりメタより外れつつあったセージですが、今大会では計4回のピックとなりました。

大会全体のピック率は以下になっており、ヴァイパーのピック率は依然として0%。Riot GamesはVALORANTに対して「全てのエージェントが同様の割合でピックされる環境を目指す」とリリース以前より公言していますが、次回アップデートの調整、今後リリースされる新エージェントに期待されます。

BLAST VALORANT Twitch Invitationalのエージェントピック率 - THESPIKE.GG

2 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. ガチでセージいないほうがおもろい
    見てても

    返信削除
  2. ヴァイパー姉貴の堂々たる0%
    Viper Lives Matter運動が必要

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング