Amazon ゲーミングデバイス祭り

2020年の全世界における人気検索ワードランキングにVALORANTが2位へランクインしたことがSEMrushの統計より明らかになっています。

広告、検索ツールなどの分析ツールを提供するSEMrushは、2020年における「Most trending keywords Global data (世界のトレンドキーワード)」を発表、この統計は2020年に検索数が最も増加したキーワードのランキングとなっています。

1位はSNS、インフルエンサー中心に流行したダルゴナコーヒーで検索総数は540万%の増加、2位にはVALORANTがランクインし340万%の増加、UK lockdown、The Eyes of Darkness*に次ぐ2位となっています。

*日本語で"闇の目"、1981年に創刊された書籍でコロナウイルス流行を予言していると話題になった。

今回のランクインについて、VALORANTのディレクターを務めるZieglerも祝福、"Toilet Paper Online"のワードが同ランキングにランクインしていることを指摘しつつ、「VALORANTが2020年に最も人気のキーワードにランクインすることは非常に興味深いです。」とコメントを残しています。

関連記事
「The Esports Observer」が2020年第2四半期のeスポーツタイトルPC部門のランキングを発表、CS:GOは2位、新作タイトルVALORANTが3位へランクイン
VALORANTの大会賞金総額が100万ドル(約1.1億円)を突破、賞金獲得総額ランキングで「Absolute JUPITER」が4位にランクイン

2 コメント

  1. Toilet Paper Onlineとは

    返信削除
    返信
    1. おそらくトイレットペーパーをオンラインショッピングで購入しようとしてるんだと思う。海外でも一部では日本と同じようなデマが流行ってトイレットペーパーの買い占め騒動があった。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link