CS:GOのコーチングで知られるJohntaが「FunPlus PhoeniX」VALORANT部門のコーチに就任したことが発表されています。

現在33歳のウクライナ出身のコーチJohntaは、CS1.6ではHellRaisers、KerchNET、DTS GamingといったCISのチームで活動、CS:GOリリース後はFlipSid3、HellRaisers、TYLOO、Winstrikeといったトップチームでのコーチング経験を持ちます。

2020年は若手プレイヤーを中心としたチームProject X、CR4ZYでコーチを務めましたが、FunPlus PhoeniX VALORANT部門のコーチ就任に伴いProject Xより脱退、今後はCS:GOからVALORANTの競技シーンへの転向を正式に発表しています。

CS:GOからVALORANTへ移行した理由について、自身のTwitterでは「VALORANT移行の決断は簡単に決定できるものではありませんでした。VALORANTに没頭していくうちにCounter Strikeへの興味が徐々に薄れていき、VALORANTのトップの競技シーンには非常に興味深いものを感じます。」とコメントを残しています。

また、FunPlus PhoeniX加入に伴い、過去にDTS Gaming、HellRaisersといったチームでプレイしたANGE1と約4年ぶりの再会となります。

新たにJohntaがコーチに就任したFunPlus PhoeniXのラインナップは以下になります。チームは今月3日よりスタートする賞金総額10万ドルの大会FIRST STRIKE EUROPEへ出場予定です。

 Kyrylo "ANGE1" Karasiow
 Pontus "Zyppan" Eek
 Andrey "Shao" Kiprsky
 Johan "Meddo" Renbjörk
 Tobias "shadow" Flodström
 Ivan "Johnta" Shevtsov (コーチ)
 Erik "d00mbr0s" Sandgren (アナリスト)

関連記事
TSM、FPXコーチが「優秀なコーチとは」についてインタビューで語る

コメント


Sponsored Link