世界各地に拠点を持つイギリスのeスポーツチーム「Fnatic」がVALORANT部門の設立をアナウンスしています。

先日、VALORANT部門設立を示唆するティザームービーを公開したFnaticは、アマチュアチームとして活動したSUMN FCの獲得を発表。5人のプレイヤー、コーチの計6人がチームへ加入します。

CS:GO、Fortnite出身のイギリスのプレイヤーを中心に構成されたSUMN FCは、アマチュアチームながら、Riot Games初の公式大会FIRST STRIKE EUROPEで、様々な強豪チームを破り準優勝を獲得。THESPIKE.GGのヨーロッパランキングでは、現在2位にランク付けされています。

FnaticでCGOを務めるPatrik "cArn" Sättermonは、「Counter StrikeのようなFPSのゲームで成功を収めてきた私たちは、Fnaticの歴史に新しいストーリーを記し、新しいタイトルで私たちの遺産を気付いていくことを楽しみにしています。」とコメントを残しています。

また、VALORANTでチームディレクターを務めるColin "Cojo" Johnsonは、「このチームの選手たちは、ここ数ヶ月でその才能を十分に証明しており、組織から給料などの支援を受けず、全ての大会でヨーロッパのエリート選手と互角に戦っています。Fnaticより高いパフォーマンスを発揮できる支援を受け、彼らが次のレベルに到達し、出場できる全ての大会で勝利を収めることができるようにしたいと考えています。」と述べ、チームを最大限にサポートし、世界トップレベルを目指す意向を明らかにしています。

新たにVALORANT部門を設立したFnaticのラインナップは以下になります。チームは、明日よりスタートするVALORANT Champions Tour 2021 ヨーロッパ予選に出場予定です。

 Muhammad "Moe40" Hariff
 Domagoj "doma" Fancev
 James "Mistic" Orfila
 Jake "Boaster" Howlett
 Konstantinos "tsack" Theodoropoulos
 Jacob "Mini" Harris (コーチ)

コメント


Sponsored Link