VALORANTのチート開発者が、ビデオ通話を介して個人へプライベートチートを販売していることがAnti-Cheat Police Departmentより明らかになっています。

チート自警団として知られるAnti-Cheat Police Departmentは、Twitterで「チート開発者がどれだけ必死になっているかご覧ください。彼らは本人確認を用い、Vanguardに必死に対抗しています。」と述べ、チート開発者、チーターがコミュニケーションをとるDiscordサーバーで、チート開発者がビデオ通話を通じて、特定のユーザーにのみチートツールを販売していることを報じています。

また、「しかし、これはパブリックチートが完全に破壊され、プライベートチートが追い詰められていると捉えることができ、驚くべきことでしょう。」と追記し、アンチチートの強化が、チートの販売の抑制につながっていることを指摘しています。

今年1月には、チート対策に90日間の便乗ペナルティ、チーターによりランクに影響を受けたプレイヤーの内部レート再調整を予定(関連記事)していることを明らかにしていましたが、今後チート対策に注力していくと予測されます。

関連記事
VALORANT、Destiny 2のチート制作チームをRiot Games、Bungieが共同で提訴、被害額は数百万ドル以上へ

1 コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。

  1. CSGOも同じなんだよな
    プライベートチートにされると解析するの時間かかるから対策すごく面倒くさい
    市場に出回ってる安いやつは普通にBANされる

    返信削除

コメントを投稿

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング