6つ目の新マップ名は「BREEZE」の可能性が高いことが、本日よりスタートするナイトマーケットの発表画像より明らかになっています。

本日、VALORANTのゲーム内ストアでお得にスキンが購入できる「ナイトマーケット」が、VALORANTの公式Twitterよりアナウンスされていましたが、その発表画像に新マップを示唆する画像が発見。

取り消し線で消された箇所の文字は「BREEZE」と記載されており、VALORANTの情報を発信するCynprelは、過去にSPLITが取り消し線で消されていた経緯があることから、「BREEZE(ブリーズ)」は6つ目の新マップではないか、と指摘しています。

広告の下に記事は続きます

以前、6つ目のマップ名は「Foxtrot(フォックストロット)」とゲーム内コードより明らかになっていましたが、こちらはテスト時のコードネームである可能性が高く、ナイトマーケット内にバミューダトライアングルを指す座標がある事から、「BREEZE」が正式名称である可能性が高そうです。

また、現在進行中のバトルパスには、Tier 48には「海で遭難?」のプレイヤーカードがありますが、バミューダトライアングルはその海上を通る船、飛行機が沈没、墜落すると言われる魔の海域。

これまでのバトルパスの傾向として、8がつくTierには新エージェント、新マップを示唆するイースターエッグが隠されていますが、コミュニティでは新マップはカリブ海のバミューダトライアングル付近の国ではないか、といったコメントが多く寄せられています。

関連記事
VALORANTの6つ目の新マップ「フォックストロット(Foxtrot)」がゲーム内コードより発見
VALORANTの6つ目のマップは南太平洋か、エイプリルフールの恋愛シミュレーションゲームの背景に隠されたイースターエッグが話題に

コメント


Sponsored Link