Sentinelsが、Cloud9よりローン契約でレンタル中のTenZの契約期間を延長したことを正式に発表しています。

今月初めに開催されたVALORANT Champions Tour 2021 NA Stage 2 Challengers 1のオープン予選で、Built By Gamersnに敗退したSentinelsですが、4月22日よりスタートするStage 2 Challengers 2にて、TenZを引き続き起用することを発表。決勝が行われる5月2日までローン契約の延長します。

詳細な契約内容については明らかになっていませんが、Cloud9はTenZに対して非常に高額な移籍金を設定していると見られており、先日には200万ドルから500万ドルの移籍金を設定しているとDaily Esportsは報じていましたが、これらの移籍金についてはCloud9 CEOのJack Etienneが否定するコメントを出しています。

また、eスポーツライターのFionnによると、Challengersで勝利しアイスランドへの出場権を得た場合、Sentinelsは更に契約期間を延長する必要があると見ており、今後についてはSinatraaの調査結果次第と指摘しています。

関連記事
Sinatraaが告発に関する声明を発表
Cloud9が設定したTenZの移籍金は100万ドル(約1億円)以上

コメント

公序良俗に反するコメント、特定の団体や個人を誹謗中傷するコメント、スパムや記事内容と関係のないコメントは書き込まないようお願いいたします。


Sponsored Link

プロデバイス使用率ランキング