Liquidに所属するScreaMのインタビューがVALORANT Champions Tour Europeの公式Webより公開されています。

インタビューでは、CS:GOからVALORANTへ転向した際の感情、アイスランドで開催されるVALORANT Champions Tour 2021 Stage 2 Mastersへ出場するチーム、CS:GOのスキルはVALORANTへ反映されるか、大会前に行う準備について答えています。

以下、インタビューより抜粋した文章を掲載しています。原文では、下記の他にヨーロッパ予選の感想について答えているため、気になった方はリンクよりご確認ください。


あなたはCS:GOで非常に素晴らしいキャリアを持っており、VALORANT転向の決断は難しかったに違いありません。CS:GO引退を発表した後、「私にとってCounter Strikeのようなゲームは存在しないので、タイトルを変えることは考えていませんでした*」と答えていましたが、VCT Stage 2の予選で優勝した感想を教えてください。

本当に素晴らしい気持ちです。私はCounter Strikeで良いキャリアを積んできましたが、思い通りの結果にはなりませんでした。そして、誰もがこのような結末を望んでいなかったと思います。しかし、同時に新しいゲームがスタートする素晴らしい機会に恵まれました。

私の心の中では、Counter Strikeに代わるようなゲームが出てくるとは思っていませんでした。このゲームは私は9歳の頃からプレイしており、人生の全てがそこにあったため、引退する時は不思議な感じがしたし、奇妙な決断でした。

しかし、VALORANTもFPSであり、メカニズムはCounter Strikeに似ているため、応用できる部分はまだまだあります。その一方で、このゲームはとてもユニークで、私にモチベーションを与えてくれます。それが転向を決断した理由です。私の人生には何か新しいものが必要で、完璧なタイミングでした。

*HLTVでScreaMが答えていたインタビューだと思われます。(リンク

他の地域はどれ程の力を持っていると思いますか?

他の地域の選手たちは、私たちがヨーロッパでプレイしているものとは全く異なるプレイスタイルでVALORANTをプレイします。非常に興味深いですが、彼らと対戦するのは困難になるでしょう。そのため、現段階では分かりませんが、とても貴重な経験になると思います。

(国際大会自体が)初めての経験のため、このような大会に参加でき、このような経験を積めることに嬉しく思います。しかし、今まで見てきた中では、どの地域も怖くありません。

北米は他の地域より少し優れているように見えますが、それと同時に生き生きとしたプレイを見せます。つまり、彼らはデュエリストを多くプレイし、たくさんのピークをしてくると思うため、戦術的に見た場合、私たちの方が有利だと思います。

また、韓国は戦術的に非常に優れています。正直に言うと、北米よりもちょっと怖いかもしれません。しかし、何が起こるか分からないため、全てのチームに備えて準備をしています。凄いことになりそうです。

どの地域も恐れていないと仰っていますが、最もリスペクトしている地域を教えてください。

今は北米が他の地域よりも少し上でしょうか。Sentinelsのようなチームは手強い相手になりそうなので、対戦が待ち遠しいです。しかし、彼らには勝てると心から信じています。

国際大会へ出場するチームに対して、どのような準備を行っていますか?

私たちのコーチは、出場チームに対して細かく分析し、試合に備えています。まず、私たちはフォーマットを見て、どのチームと対戦するか確認します。そして、全てのチームを1チームずつピックアップし、彼らのプレイスタイルを学び、可能な限り最善な方法で対戦できるように備えています。

CS:GOでは、世界中の選手たちと対戦してきました。各地域のプレイスタイルがCS:GOからVALORANTへ反映されると思いますか?

はい、そう思います。特にアジアのチームはゲーム理解に長けています。Counter Strikeではそうではないかもしれませんが、他のゲームタイトルではヨーロッパより戦略的な理解力があるように見え、League of Legendsのようなゲームではより感じられます。VALORANTも同様に感じられ、彼らのゲームに対するアプローチは違って見えます。

北米、トルコのチームもCS:GO同様です。彼らは個人スキルが高く、個人プレイが多い「カウボーイ」スタイルでプレイしています。しかし、まだ競技シーンが始まったばかりなので、あまり深く分析はしていません。

これまではヨーロッパのチームを中心に研究してきましたが、次の2週間ではより徹底的に研究し、全ての地域を理解することを目指します。

6 コメント

  1. トルコ…Space Soldiers…うっ

    返信削除
    返信
    1. トルコってcsgoもvalorantもめっちゃ人口多いらしいけど、valoはcsgo出身あんまり見ないね

      削除
  2. さすがに日本には触れられていないか

    返信削除
    返信
    1. absくらいだからなあ パクりだけじゃなく独自なこともしてるの それも今回終始ミスだらけで負けたし

      削除
  3. ScreaM優勝したのか
    おめでとう

    返信削除
  4. 日本眼中にすらなくて草

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link