本日6月22日に放送されたVALORANT開発チームによる公式配信にて、エピソード3より新システム「アカウントレベル」を実装することを発表しています。

「アカウントレベル」は、これまでにVALROANTをプレイした時間に応じてレベルが決定するシステム。発表画像では、アカウントレベルはレベルはACTランクバッジの横のプレイヤーカードに表示され、10レベル、100レベルごとに枠が変化することが確認できます。レベルには上限は無く、無限となっていますが、枠の最上位は400~500レベルの様です。

アカウントレベルについて、Riot GamesでVALORANTの開発に携わるEvrMoarは「私たちがVALORANTをプレイするユーザーに与えることができる報酬は、時間、スキル、お金の3つがあります。スキルに応じて報酬を得られ、お金はバトルパスで手に入れることができますが、時間に関する報酬を与える方法はまだありません。アカウントレベルは、その最初のステップです。」とコメントしています。

Redditに寄せられた「このレベルは過去のデータも反映されますか?」に対して、「答えは『はい』と『いいえ』です。システムを提供する前にプレイした試合ごとに、ユーザーへ一定のレベルを与えます。これまでに時間を費やしてくれたユーザーを評価したかったのです。ただし、レベルは試合時間、その日の勝利数は影響しません。」と答えています。

昨年11月に公開したASK VALROANTでは、「(VALORANTのプレイ時間の表示方法について、)現在模索しているところです」と答えているため、アカウントレベルといった形で今回実装したと予測されます。

関連記事
エピソード3よりコンペティティブのバランスが改善されマッチング精度が50%向上、ACT2よりイモータルの階級制度が復活
新ゲームシステム「Act Based Tournament System」が開発中、5人でチームを組み大会優勝を目指すトーナメントモード

4 コメント

  1. 古参はらせていただきます、にしてもダサすぎないか

    返信削除
    返信
    1. 機能だけは追加しておきたいって考えなのかも
      今後更新されるでしょ・・ってかしてくれ

      削除
  2. こういうのレベル上げ要素あるとやる気でる多いしな 特に日本人は

    返信削除
  3. 全エージェントの契約書ティア10のキモりんさんのレベルはどんなもんなんだろう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link