VALORANTのエピソード3 ACT1の先行配信より様々なエージェント・武器にバランス調整が実施されることが明らかになりましたが、「スカイ、ブリーチのフラッシュはより扱いやすいアビリティになる。」とVALROANT開発者が明かしています。

先日公開された先行配信のビルドでは、スカイのトレイルブレイザーが200から250クレジットへ、ガイディングライト(フラッシュ)が100から250クレジットへ上昇し、チャージ数が3つから2つへ減少することが明らかになりましたが、その他の変更点として、「フラッシュを投げている最中の武器を構える時間が早くなり、武器を持った状態で任意にフラッシュの発動ができる」ことが判明*。海外コミュニティでは、「実質的な強化」と評価されています。

*従来のスカイのフラッシュはフラッシュ起動時に一度武器の切り替えモーションが入る。

また、フラッシュを投げた後の武器を構えるモーションの速度も上昇し、フェニックスのカーブボール、レイナのリーアの様なポップフラッシュの使い方も可能となります。

今回の変更について、エージェントのバランス調整を担当するVALORANTの開発スタッフAltombreは、「飛ばした鳥からの武器を構えるモーションが早くなり、鳥を飛ばした際、銃を構えながらフラッシュを放つことが出来ます。この変更により、スカイのフラッシュはより扱いやすいアビリティになります。」とコメントし、実際にスカイのガイディングライトに調整が入ることを明らかにしました。

加えて、「ブリーチも同じように調整しました。フラッシュの数は減少しましたが、武器を構えるスピードが上昇しました。」と語り、スカイ同様にイニシエーターのエージェントの1人ブリーチにも同様の調整を実施したことを明らかにしています。

また、コミュニティより寄せられた「デュエリストの役割を害していませんか?」の質問に対して、「デュエリストは戦闘後に回復、トレード無しで有利な戦い方が出来る特徴を持ちますが、イニシエーターはより多く広い使い方をできるアビリティを持っています。開発チーム内でも話し合っていますが、今回のバージョンはブリーチ、スカイ競技シーン全体のバランスをより簡単に取れると感じています」と答えています。

新エージェント「KAY/O」の登場、各エージェント・武器のバランス調整が実施されるエピソード3 ACT1は6月23日(水曜日)にリリース予定です。

関連記事
今後のアップデートで14人のエージェント、計10種類の武器にバランス調整を実施
エピソード3より「ジャッジ」が更なる弱体化へ、遠距離時のダメージが減少

4 コメント

  1. 岸さんの動画が分かりやすいですね。
    https://twitter.com/StanSmith_jp/status/1406072400769290243

    返信削除
  2. これに関してはガチで意味が分からない調整

    返信削除
  3. クソゲー一直線過ぎるバフで笑えない

    返信削除
  4. フラッシュ連打のエリア制圧能力が下がる代わりにワンマンアーミーしやすくなる
    つまりはコンペ向けの調整だから個人的にはありかなと

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link