VALORANTのパッチ3.0の先行配信により、ジャッジの購入価格が1600クレジットから1850クレジットへ調整が入ることが明らかになりましたが、次回のパッチで更にジャッジへ弱体化が入ることが明らかになっています。

eスポーツジャーナリストとして活動するFionnは、自身のTwitterで「次回のパッチよりジャッジに弱体化が入ることがVALORANTの開発者により確認されました。ジャッジの価格が値上がりし、遠距離時のダメージが減少する予定です。開発者によると、近距離戦でも使える武器にしたい一方、全体的に力が入りすぎないようにしたいようです。」とコメントし、遠距離時のダメージに調整が入ることを明らかにしました。

ジャッジはフルオートで連射できる特徴を持つショットガンで、近距離時でその性能をフルに発揮しますが、10~15メートル時でも全弾命中時は胴体で一撃となっており、VALORANTの数ある武器の中でも非常に高い火力を誇ります。

先日より配信されたパッチ3.0のビルドより、購入価格が1600クレジットから1850クレジットへ調整が入ることが明らかになりましたが、遠距離時でのダメージ減少により、競技シーンでの武器の使用率など、どのような変化が現れるでしょうか、

新エージェント「KAY/O」の登場、各エージェント・武器のバランス調整の実施、新エピソードのバトルパスがリリースされるエピソード3 ACT1は6月23日(水曜日)よりリリース予定です。

関連記事
今後のアップデートで14人のエージェント、計10種類の武器にバランス調整を実施
次回アップデートで移動中の射撃精度に調整を実施、「歩き撃ち精度」、「サブマシンガンの命中率」を減少予定

5 コメント

  1. 本当に素晴らしい素晴らしい素晴らしい

    返信削除
  2. 連射速度も下げてくれ

    返信削除
  3. 2000クレで今の性能でいいよ

    返信削除
  4. サンキューライアット

    返信削除
  5. ジャッジとブルドッグの価格入れ替えよう
    ブルドッグ使う機会がないうえに高すぎてデメリット大きい
    発射レートも遅いしリコイルもきついしなんであんな高いの

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link