先日、ラインナップの再構築を発表したHereticsですが、メンバーの一新によりVCTサーキットポイントが0ポイントになったことが明らかになっています。

今年3月に開催されたVCT 2021 Europe Stage 1 Mastesrsで準優勝を収め、70のサーキットポイントを獲得したHereticsですが、今月に入りラインナップを一新。キャプテンのloWelに加え、新たにardiis、PaTiTek、MONSTEERR、al0ranteの計4人を獲得し、ラインナップの再構築を発表しました。

5人中4人の入れ替えを行ったHereticsですが、VLR.ggがRiot Gamesへ連絡を取ったところ、今回のメンバー変更をRiot Gamesは「The VALORANT Champions Tour グローバル競技ポリシー」の3.7.1の「出場枠に関する権利」に該当すると指摘しています。

3.7.1. 出場枠に関する権利

Riot及び大会運営者は、このグローバルポリシーや個別大会ルールにおいて、チームの参加登録をしたチームオーナーをして、チーム及び当該チームの出場枠の権利者とみなします。

したがって、チームが公式競技において次のステージへ進出する権利を獲得した場合、次のステージの出場権はチーム及びチームオーナーが有するものであり、チームのプレイヤーやその他の第三者が有するものではありません。

但し、チーム及びチームオーナーの次のステージの出場権は、その予選プロセスにおけるチームのプレイヤーのうち少なくとも3人がチームに残っていることが条件となります。

「出場枠に関する権利」によると、ポイントを獲得した予選大会へ出場した最低3人がラインナップに残る必要があり、メンバーを入れ替えた場合、その大会で獲得したポイントは無効になると記載されています。

メンバーを一新したため、Stage 3では新ラインナップで出場すると予測されますが、現在のサーキットランキングは10位と、Stage 3で上位に入ればLast Chance予選で高確率で出場できる順位に位置しています。

ポイントを保持するには、ベンチに入るRUBINO、niseSoWをラインナップに復帰させる必要がありますが、来月より開幕するStage 3の登録ラインナップに注目が集まります。

関連記事
「G2」にAvovA、nukkye、koldamentaが加入、PaTiTek、ardiis、Zeekと契約終了を発表

1 コメント

  1. VALORANT Champions Tourへの出場率を高めるための、G2の巧妙な手段だったかもしれない。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link